闘会議2015レポート「すべての遊者に・・・」


(コスプレエリアにて)

1月31日(土)と2月1日(日)と
コミケの熱も冷めやらぬうちに打たれたこのイベント

タイトルだけ聞いてもイメージがピンとこないが、

「みんなでオフ会をしてもいい。NO.1決定戦をしてもいい。
実況したっていいし、昔のゲームで遊んでもいい。
ゲームの楽しみ方はひとつじゃない。
みんなが遊べる、楽しめる「ゲームのお祭り」
それが「闘会議」」
(公式HPより)

うん?それでもピンとこない?
開催時期も含めてとても意欲的で挑戦的なイベントの予感・・・これは
勇者なら遊者ならば応援したい。

ということで行ってみた・・・

入場ゲートが凄かった。
魂の高まる造りはおそらくイベントの中でも屈指だろう。

かなり暗い通路を歩くとその先に大きなモニターと点滅するライト。
「集え、遊者たち。」のキャッチコピー。
プロレスの入場で流れるような勇ましい音楽が流れまさに勇者の入場。

この演出は高まる。
スマホのゲームに『SCE』のブース、『任天堂』に『SEGA』もある。

本物の『HIKAKIN』さん、『マックス村井』さん、『DAIGO』さんまで近くで見れた。

秋葉原推しの筆者は『でんぱ組.inc』の『LINEステージ』紹介を目の前で見て
サプライズライブに出くわすことができた。

まずは『でんぱ組.inc』ひとりひとりがガチでゲームをプレイ。

未鈴(みりん)ちゃんは真剣すぎてワイプの顔が微動だにせず
コメントで「ワイプ芸」といじられ倒される。

俯いたハムスターのような顔のままずーっとゲームに集中し「SS」ランクでパーフェクトクリア。

「僕は得意じゃないんだ・・・」
と自信なさげな最上もがちゃん。

失敗するも『安田大サーカス』の『安田団長』の計らいでプレゼントをゲットする。

大いに笑い、大いに湧かせていただきました。

そしてなんと、
来場者を登壇させて『LINEステージ』をプレイしていただきステージクリアできれば
『でんぱ組.inc』のライブ、失敗なら『安田大サーカス』のクロちゃんが『でんでんぱっしょん』を
歌うというものだった。

来場者は見事にクリアし、なんと『でんぱ組.inc』のステージが見れる。
『モンスターストライク』的にいうとイベントが神化した瞬間である。

他にもコスプレエリアがあり、
そこでは『モンスターハンター』や『GOD EATER』の武器がリアルな造形で
作られており、手にもって撮影OKでした。

筆者もコスプレをしてコスプレイヤーに混ざりました。
ゲームだということで一応、ドラゴンボールに掠っていれば、ご愛嬌ということで。

格闘家なのでそのまま『白猫プロジェクト』のブースにある
巨大な『星たぬき』をパンチングマシーンのように

殴りまくる、というコーナーがあり1分間嵐のように拳をたたき込んだ。

あまりに本気でやりすぎて吐きそうになったものの、
「来年も闘会議開催決定!」

の報になんとか耐えました(笑)。

二日目もコスプレエリアに行きました。

まさにオフ会のごとし、知り合いにたくさん出会うことができました。
・・・君たちも、遊者か。

コミケで出会ったチープなR2D2は今回チープな連装砲ちゃんに。

人気だったのが、やけにハマっているキュートなロックマン。

コスプレエリアからはみ出して注意される貞子さんが面白かった。
(そこも飛び出すんかい!)

筆者は二日目、銀魂の銀さんの衣装も持って行き
強引に新作ゲームと言い張り(銀さんなら言うだろう)
ステージに登壇させていただきました。

モンハンの装備を持ち込み
「はい、洞爺湖のお土産ですっ!」
(銀さんは洞爺湖の木刀をいつも持っているので、これも土産と言い張るネタ)

堺王拳10倍返し、もさせていただきました。

展示されている歴代ゲーム機を見て想い出を語るもよし、
レトロゲームで新しい境地を開拓するもよし、

新世代のスマホゲームの熱を感じるもよし、
コスプレでゲームの世界を覗くもよし。

「遊びだからこそ本気になれる」
とはガンダムビルドファイターズのラルさんの名言だけれど、
遊びに本気になれる人はカッコイイ。

『ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ』というエニックスから出たゲームが
昔(1994年)あった。
エンディングで機械の少年が人間の魂を持ち

「ありがとう」
と当時、容量の問題で音声で声が出るということはすごいことで
声で礼を言われたことに涙が出たけど、

魂を注がれた遊びはきっと僕たちに恩返しをしてくれるだろう。

この闘会議の意欲的な挑戦に賛辞を贈りたい。

ありがとう、闘会議2015!

(写真は筆者撮影)

お笑いタレント、堺雅人さんのコスプレものまね芸人「ウェルダン穂積」(コンビ名「ウェルダン」)です。秋葉原やサブカルを主軸に世の中のものごとを自分の実人生に引き付けて書けたら、と思います。よろしくお願いいたします。 著書「たかがアキバ されど秋葉原」(セルバ出版)    「赤いマフラー」(KDP)

ウェブサイト: http://realanime1978.wix.com/welldone http://giou21.wix.com/akibaekoi http://com.nicovideo.jp/community/co239121?zeromypage_nicorepo

Twitter: welldoneh

Facebook: 穂積 義央