第56回ノーベル化学賞 ヒンシュルウッド・セミョーノフ「気相系の化学反応速度論(連鎖反応)」

  by なみたかし  Tags :  

1956年のノーベル化学賞

 1956年のノーベル化学賞は、化学反応速度論に関する研究に贈られた。化学反応速度は化学平衡のところでテーマになるが、この年の化学反応速度は、気相系のとくに爆発ばどの連鎖反応に関する研究に対して贈られた。

 受賞したのはイギリスの物理化学者サー・シリル・ヒンシュルウッドと、ソビエト連邦の物理化学者、ニコライ・ニコラエヴィチ・セミョーノフに贈られた。

 爆発反応は、可燃性ガスまたは蒸気と、酸素とがある組成範囲に混合し たときのみ爆発または燃焼する。ガスの濃度が大きすぎても、また逆に小さすぎ ても爆発や燃焼は起こらない。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 Wikipedia: ニコライ・セミューノフ シリル・ヒンシュルウッド

反応速度論
クリエーター情報なし
東京化学同人
数学いらずの化学反応論―反応速度の基本概念を理解するために
クリエーター情報なし
化学同人

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami