sakusakuが3月一杯で終わる。。。のか?

  by 琥珀ちずる  Tags :  

出典元: http://www3.tvk-yokohama.com/saku2/

sakusakuが、3月一杯で終了する。ある朝、ご飯中に弟から聞かされたときには、半分でたらめを聞いている気分だった。 最初は、「『水曜どうでしょう』に押し出されたのか?!」とも思っていたが。どうやら、実際はちょいと違うらしい。

そもそも、sakusakuとは

テレビ神奈川(tvk)で放映されている、音楽情報バラエティ。女性MCとぬいぐるみ(実際は、”黒幕”と呼ばれる人物が話している)が、音楽関連の話から、全く関係ない雑学などをざっくばらんに話す番組。(個人的見解)
視聴者や、ファンからの画像付きメールなども、番組内で紹介される。同番組のファンは”サクサカー”と呼ばれる。

私自身は、木村カエラがMCの頃からのサクサカーで、割と古参者な方。観ていなかった時期もあるが、木村カエラ以降は中村優も、三原勇希も各一定期間ほど見ている。 唯一全く観ていないのは、現MCのトミタ栞くらいだ。
それはさて置き、sakusaku自体の魅力は何と言っても、他の音楽番組に類を見ないトークの幅だと思う。この番組に関しては、音楽よりもトークが前面に出ている。それも、音楽番組であることを忘れさせるくらい。 たとえば同じ様な類で、過去に『heyheyhey!』や『うたばん』があったとしても、これほどまでに、音楽自体の存在感を消しての番組進行は、sakusakuだから出来たこと。前者が都会派のエンタテイメントだとしたら、sakusakuは下町や地方のそれにあたる。トークの内容も、地方のラーメンの話から、ガンダムについて。時には、アニメやコミックなどのグッズやDVD情報。極めつけは、音楽と全く関係の無い、日本史や地理などの雑学。「音楽情報番組なのに、此処までフリートークを入れてて大丈夫なのか」と少しばかり心配にはなるが、本当に観始めると長期間みつづけられる。そんな番組なのだ。補足しておくが、勿論、週代わりでアーティストをゲストに呼んだり、地方の曲を作って歌ったりという、一音楽番組としての役割も果たしている。

sakusaku終了?!でも真実は。。。

そんな中で、sakusakuの終了は、ファンにとって衝撃的なニュースだったと思われる。そこで、『sakusaku 放送終了』と検索にかけてみれば、出てくる出てくる。にちゃんねる系のブログなんかも、こぞってこの話題を取り上げているようだ。しかし、此処で終わっては記事に書く意味が無くなってしまう。そこで、公式サイトを見てみることにした。そこのお知らせの欄に、こう書いてあった。

”屋根の上”でのサクサク、放送終了のお知らせ 長い間、このノリでお送りしてきました『saku saku』ですが、来月3月28日(金)の放送を持ちまして、白井ヴィンセントが大家をつとめる”アパート屋根の上シリーズ”を終了とさせていただきます。このアパートの屋根の上で、今のアパート住人たちとお送りするのもこの3月いっぱいとなります。今まで番組をご覧いただき、応援していただいたサクサカーの皆さん、本当にありがとうございました。 (中略) …それでは、3月末まで残り数週間の『saku saku』を引き続きよろしくお願いいたします! そして、4月からの新しい『saku saku』にもぜひご期待ください。 (出典:http://www3.tvk-yokohama.com/saku2/)

となると、sakusaku自体は終わらないのでは。という疑念すら湧いてくる。事実、過去にも増田ジゴローから白井ヴィンセントに代わる頃、番組が終わると見せかけて、実際はMCを代えるだけという不意打ちの様なことがあった。今回はwikipediaもみたが、どうやら完全に放送終了はしないらしい。。。 結論からして言うと、
「実際、放送が終わっているのかどうかは、その時になってみないと視聴者側にはわからない」
らしい。。。こんなにも含んだ終わり方では、後味悪いではないか。

素人文筆家。退職して、ニート中です。 更新停滞中。ブログやめてます。

Twitter: 80_chizuchizu