松戸ランチ:昭和の優しいつけ麺ーー松戸大勝軒 (味:★5 雰囲気:★5)

  by 松平 俊介  Tags :  

ランチレポ:松戸大勝軒

こちらの『松戸大勝軒』さんは伝説の初代『東池袋大勝軒』の山岸さんの一番弟子が経営する昔ながらのラーメン屋さんです。今風のつけ麺店のノリとは全く違う、昭和の懐かしいラーメンのやさしい味、穏やかな店主ご夫婦のサービス。ほっとする店です。

■営業時間: AM11:00~PM4:00

PM6:00~PM9:00 日曜休み

■アクセス:松戸駅西口から徒歩5分。大通り直進後、千葉銀行角を左折

■住所 千葉県松戸市松戸1277

■電話 047-315-6134

たべたもの「つけ麺(もりそば)」


■たべたもの:つけ麺(もりそば)
■値段:780円
■内容:魚介風味のむかしながらのつけ麺
■食べた日時2014年1月23日木曜日11時ごろ

★★★★★
つけ麺発祥の店、初代『東池袋大勝軒』当時の味をそのまま受け継いでいると言われているが、納得。今風のベジポタ・醤油とんこつとは一線を画す、昔の穏やかな魚介風味です。麺は開化楼のもの。スープについては公式サイトに「東池袋「大勝軒」のスープは、げんこつ・豚足・鳥がベース。そこにひき肉の旨みと甘みがミックスされ、さらに煮干・さばぶし・魚粉といった海の幸を加えることで、魚の風味とコクがしっかりと活きた豊かな味を創りだしています。つけ麺用のスープには、しょうゆ・甘酢を加え、あっさり感をプラスしています。」とあり、丁寧な仕事ぶりが伺えます。
この店は昭和を味わう店、という感じでしょうか。
テープルの専用コショウを入れると風味が増します。(入れ過ぎに注意!)

お店の雰囲気とサービス

★★★★★
今風の威勢のよいラーメン店に慣れていると、この店のおかみさんの節度のある、穏やかな気配りがとても貴重に感じられます。スープ割りを頼まずともスッと出てくる当たりには感動しました。お客さんへの対応も非常に優しい。お母さんのようです。大声を出すばかりでスープ割りが全く出てこない店には見習って欲しい所です。店のカウンターも磨きぬかれており清潔です。

評価

ボリューム:都内の大盛りが売りのつけ麺店よりは少ない
オーダーの早さ:10分程度、それほど遅くない
混雑具合:ランチタイムだったが早めの訪問であれば座れる
公式サイト:http://www.tai-sho-ken.com/

その他の写真

企業のニュースリリースライターを足掛け4年経験。現在はライターのみならずwebディレクターやテレビ番組の企画にも関わっている。タウン誌や飲食関係の媒体の制作にも携わる。 大学時代は書家や歴史作家について修行をしていたことも。(雅号:東龍) 地域の埋もれた歴史を掘り起こしたり、街歩きをするのが好き。これまで関わってきた雑誌は「散歩の達人」「週刊SPA!」、放送局では主に関東ローカルテレビ局の企画を担当。

ウェブサイト: http://touryuuuan.blog.jp/