飛行場から宇宙旅行へ!スペースプレーンは実現可能か?

  by なみたかし  Tags :  


 2011年07月、最後のスペースシャトルアトランティスが、アメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。1981年から30年、135回目のシャトルが打ち上げで終わった。なぜ、スペースシャトルは終わってしまったのだろう?

 1つ目は、「老朽化」。計画がスタートした時、シャトルは年間50回、ほぼ毎週打ち上げられ、1995年までに国際宇宙ステーションが完成するはずだった。しかし実際には、宇宙空間での機体の損傷が激しく、複雑なシステムを修理するのに手間取り、1年で、多くても9機打ち上げるのがやっとという状況に陥った。

 2つ目の理由は、「2度に及ぶ重大事故」。スペースシャトルは、1986年のチャレンジャー事故、2003年のコロンビア事故の2つの悲劇を生み、14人の宇宙飛行士を失った。

 3つ目の理由は「コスト負担が増大し、国家財政を圧迫」したこと。機体の老朽化が進むと、メンテナンスの経費は、雪だるま式に増え、シャトル計画が始まった1971年ごろ、シャトルの1回当たりの打ち上げ経費は、1050万ドルと見積もられていたが、結果的には1回当たり、4億5000万から8億6000万ドルに膨れ上がった。

 もはや、飛行機に乗って宇宙へ行き、飛行機に乗って宇宙からもどる夢は途絶えてしまったのだろうか?

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考 NHK:スペースシャトル引退の意味 National Geographic news:スペースプレーン、15年後に実現?

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami