100年の夢、実現!谷底の町に太陽の反射光が届く!3枚では少し寒そう

  by なみたかし  Tags :  


 鏡と太陽というと、新エネルギーの分野では、太陽熱発電を思い浮かべる。スペインにある、ヘマソラールは、スペインにある、商用の、タワー式太陽熱発電所である。

 ここでは、平面鏡を用いて、中央部に設置されたタワーにある集熱器に太陽光を集中させることで集光し、その熱で発電する発電方式である。中央タワー方式、集中方式などとも呼ばれる。

 数メートル四方の鏡、数百枚から数千枚を用いて太陽光を一箇所に集中させることが出来るため、1000℃程度まで加熱することが可能である。一方で、正確に太陽光を集中させるためには、太陽の動きに合わせて鏡を正確に動かさなければならない。

 この方式では、夏至・冬至の昼間の差が大きい高緯度地域には向かない。冬季に太陽がほとんど出ていないからだ。しかし、山に囲まれて1年の半分は日が当たらなくなるノルウェー南部の町リューカン(人工3400人)では、太陽光は切実な問題だ。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP Wikipedia:テレマークの要塞 CNNnews:谷底の町を巨大鏡で照らせ、100年越しの夢かなう

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami