2013年ノーベル物理学賞は「ヒッグス粒子」!標準理論の完成を評価

  by なみたかし  Tags :  


 ノーベル物理学賞が「ヒッグス粒子」に決まった。これは早い受賞だ。なにしろ、発見されたのが昨年、2012年7月4日のこと。そのときの存在確率は「99.9999%」以上であり、さらに実験を進めて確度を高める必要があった。

 東京大や高エネルギー加速器研究機構などの国際チームは、ヒッグス粒子が崩壊して別の素粒子に変わるパターンなどを調べ、質量が陽子(水素の原子核)の約134倍にあたる125.5ギガ電子ボルトと判定。素粒子の自転を表す量「スピン」も理論通り「ゼロ」と確認。

 これらの結果から「学術的に発見が確定した」と結論付け、欧専門誌「フィジックス・レターズB」で公表したのが、昨日(10月7日)のこと。こんなに早いノーベル賞の受賞となったのは、物理学者が100年かけて作り出してきた「標準理論」の17の素粒子のうち、一番最後の素粒子だった「ヒッグス粒子」の発見が確実になったからであろう。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami