三畳紀末(2億1500万年前)の大量絶滅の原因は超巨大隕石だった!

  by なみたかし  Tags :  


 大量絶滅は、ある時期に多種類の生物が同時に絶滅すること。過去、地球には5回の大量絶滅があり、これをまとめて、ビッグファイブとよぶこともある。恐竜の絶滅した中生代白亜紀末が有名だが、三畳紀末にもある。

 三畳紀末(約2億1500万年~1億9960万年前)の大量絶滅では、アンモナイトの多くの種が絶滅してしまった。また、爬虫類や単弓類も大型動物を中心に多くの系統が絶え、当時はまだ比較的小型だった恐竜が以降、急速に発展していく。全ての生物種の76%が絶滅したと考えられている。

 今回、この原因は直径が最大で8km弱の超巨大隕石だったとする、研究成果が、九州大学・熊本大学・海洋研究開発機構(JAMSTEC)から発表された。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考 マイナビニュース:2億1500万年前の衝突は直径8km弱の巨大隕石だった Wikipedia:三畳紀 大量絶滅

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami