ルナ パワー

  by Miun Hsyun Kelly  Tags :  


ソーラーパワーなるものがある。世界中で、大いに利用されている。環境問題が長く叫ばれている中、そのメリットは計り知れない。ならば、月のパワーも何とか利用できないものだろうか。かつ、なぜ利用しようとしないのいだろうか。
 チリも積もれば、である。月のエネルギーは太陽のそれに比べれば、少ないかもしれない。それでもコツコツと溜めていくうちに、太陽に負けないエネルギーが蓄積されていくはずだ!慌てることはない。月は永遠に夜空に輝いている。手っ取り早く溜められる太陽エネルギーもいいが、じっくり溜まっていく月のエネルギーも侮れない。緊急を要することにはソーラーエネルギーを使い、そうではないものにはルナエネルギーを使用する。そうやって使い分けするのはいかがであろうか。昼間の太陽だけ利用し、夜の月は放ってくなんて、実にもったいない。 試しに夜間、照明という照明を全て消してみよう。月の輝きがいかに力強く、まぶしいものかわかるだろう。現代は夜になってもどこもかしこも照明で明るすぎるので、月のありがたさやエネルギーに人が気付きづらくなっていると思う。
 さあ、ルナパワーを集めよう。山もよいが、都会の高層ビルを大いに利用したい。屋上にソーラーエネルギーを集めるものと同じような装置を設置する。ただ、昼間、太陽のエネルギーを集める装置よりもはるかに”感度の”よいものを開発する必要があるわけだが。月のエネルギーは、少なくとも10日から2習慣くらいは”集め溜め”しておきたい。集め溜めしたルナエネルギーを集約してストックしておく施設も作るべきだろう。何かと費用がかかりそうだが・・・月がのちにもたらしてくえるパワーのことを考えたら、そしのくらいは捻出しようではないか。
 月は女性的、太陽は男性的などと古来からいわれてきたけれど。男性のパワーだけを利用するのでは・・・女性のパワーも是非使っていただきたい。そんな願いもこもっていることは確かであるが。女性のパワーもたくさん集まれば、たいへんなものになるということだ。
 先日の満月兼、中秋の名月。目を細めて眺めながらじみじみ感じていた。この美しいエネルギーをなんとかしたいものだと。で、ふと湧いた出来心であるが。月は地球に最も近い星。どうかルナエネルギー利用を考えていただきたいものである。

思い込んだら徹底的にやらずにいられない性格。香港が気になって以来、広東語を勉強中。塾、予備校で英語を中心に教えているので、英語の訓練も欠かさない。 毎日のヨガエクササイズで、心身の健康維持に努めている。 幼い頃からオルガンやエレクトーンを、大人になってからはピアノを習っているので、絶対音感あり。好きなことは、アジア方面への旅行。まだまだ開拓していない国があり、時間があるときは、いつも旅の計画を練っている。小柄な体に似合わない、よくとおる声が自身の魅力のひとつだと自負。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/tiger-28aqua-whte24

Facebook: alimeg2484