第44回ノーベル物理学賞 イザーク・ラービ「核磁気共鳴法(NMR)の発見」

  by なみたかし  Tags :  


 1944年というと、第二次世界大戦もいよいよ大詰め。6月にはノルマンディー上陸作戦。7月にはヒトラー暗殺未遂事件、サイパン島では日本軍玉砕。11月にはサイパン島から東京初空襲。12月には東南海地震発生。軍需工場に大被害があり日本の敗北が早まったという。

 こんな年にも、第44回ノーベル物理学賞は贈られた。どんな研究だろうか?受賞したのはアメリカの物理学者イジドール・イザーク・ラービ。受賞理由は「共鳴法による原子核の磁気モーメントの測定法の発見」である。

 これは、世界で最初の核磁気共鳴(nuclear magnetic resonance, NMR)現象に関する研究である。この原理を利用して、生体内の内部の情報を画像にする。核磁気共鳴画像法(magnetic resonance imaging, MRI)が開発されることになる。

Wikipedia: イザーク・ラービ 日外アソシエーツ:ノーベル賞受賞者業績辞典
続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami