キュリオシティ、火星生命環境に数々の成果!

  by なみたかし  Tags :  


 火星の岩石のサンプル調査からかつての環境の手がかりを得るなど大きな成果を挙げてきた探査車「キュリオシティ」。今月初めにこれまでの調査エリアを離れ、約8km離れたクレーターの中央丘を目指している。

 どのような成果があったのだろうか?

 2012年8月に火星に軟着陸した火星探査機「キュリオシティ」。2012年9月には、丸い小石の集まりを発見。これはあきらかに「水が流れた痕」である。

 さらに2012年10月には、火星で「水がなくなった」証拠を発見した。サンプルのほぼ半分が、火山ガラスや風化したガラスなどの非結晶物質であり、水がなくなったあとに風化した鉱物を発見した。

 水の存在は生命の存在に必須だ。生命体をつくる他の物質や空気の存在はどうだろうか?

 2013年3月、NASAは、火星探査車「キュリオシティ」による岩石調査の結果から、過去の火星には微生物に適した環境が存在したと発表した。

 火星の岩石からサンプルを採取。生命に必須な物質である、硫黄、窒素、水素、酸素、リン、炭素の存在が確認された。キュリオシティの使命である「火星に生命を育める環境が存在したか否かの解明」に、これまでのところは「イエス」の回答が出たことになる。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami