パワー10倍!マグネシウム電池!材料は海水中にほぼ無尽蔵に存在

  by なみたかし  Tags :  


 マグネシウムを新しいエネルギーとして、活用することを矢部孝東工大教授が、提唱している。理科の授業では、リボン状にしたマグネシウムを燃焼させる実験を行うが、そのとき発生する「熱と光」には驚かされる。これを利用してタービンを回せば発電できる理屈だ。

 そして、マグネシウムは海水中に大量に存在する。たとえば 10t の海水からは 13kg のマグネシウムが採れるという。矢部教授は、太陽光レーザーを使ってマグネシウム化合物を精錬して取り出せば、リサイクルでき、経済的にもエネルギーとして利用可能になると主張している。

 一方、東北大学の小濱教授が開発した、マグネシウム燃料電池がすごい。この電池、-極にはマグネシウムを使うが、+極には空気中の酸素を使い、電解液として食塩水を使うからコストがかからない。さらに電力がこれまでの10倍になった。

 空気が+極というとピントこないが、理科の実験で行う備長炭電池。この-極がアルミニウム、+極が空気である。

 また、マグネシウムは酸と反応しよく溶け、アルカリ中では皮膜ができてしまうので、制御が難しかった。しかし、マグネシウムにカルシウムを混ぜることで安定して電力を供給できることを発見!この電地、3週間も回り続け、これまでのものの約10倍も電力があった。

 反応後にできる、水酸化マグネシウムは、矢部教授の太陽光レーザーを利用して、マグネシウムが再生できる。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP サイエンスZERO:パワー10倍マグネシウム電池 Wikipedia:空気マグネシウム電池 ざまあみやがれい:マグネシウム発電とマグネシウムの毒性

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami