ロシアでおよそ1万年前のマンモスの死骸から、不凍結の血液採取!

  by なみたかし  Tags :  


 マンモスというと約400万年前から1万年前頃(絶滅時期は諸説ある)までの期間に生息していた。巨大な牙が特徴で、種類によっては牙の長さが5.2メートルに達することもある。

 現在、温暖化の影響でシベリアの凍土が溶け始めており、その中からマンモスの死骸が出現している。それらは、およそ1万年前に死んだものとみられている。

 ロシア東シベリア・サハ共和国の首都ヤクーツクにあるマンモス博物館は5月31日までに、同共和国北部の北極圏の島で今年5月、凍結状態で見つかったマンモスの死骸から、凍っていない血液とみられる液体を採取したと発表した。

 同博物館のグリゴリエフ館長は「まだ断定できないが、血液である可能性が高い」としており、今後の成分調査を進める。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP Wikipedia:マンモス

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami