プロテインとアミノ酸の使い分け

  by たか  Tags :  

プロテインもアミノ酸も、カラダに必要な材料という点では同じでございます。ただ、プロテインとアミノ酸の違いと言えば、吸収速度の差でございます。

 

吸収速度はどれくらい違う?

例えば、プロテインの場合は、胃で消化されたのち、小腸から体内に吸収され、血液中にアミノ酸として出現されるまで約2時間かかると言われております。



一方、アミノ酸の場合は、タンパク質の分解栄養素ですので、消化の過程が省略される事される事になります。

その為、最短30分程度で血液中にアミノ酸として出現されます。プロテインとアミノ酸の一番の違いは、体に吸収される時間の差と言う事になります。

ただ、アミノ酸の場合は吸収が速い長所の反面、血液中のアミノ酸濃度も下がりやすい短所もございます。

長時間アミノ酸を体内に保持する為にも、プロテインとアミノ酸を上手に飲み合わせる事が大切になります。

 

プロテインとアミノ酸の使い分け

プロテインとアミノ酸を使い分けの目的は、長時間体内にアミノ酸を保持する事が目的になります。

体内に少しでも長い時間アミノ酸を保持する事は、筋トレや有酸素トレーニング後の疲労軽減や筋肉の向上、疲労物質乳酸の発生を控える、集中力持続などなどさまざまな部分で必要になってきます。

トレーニング中にアミノ酸を摂取する事は、トレーニングの集中力を保つ為にも有効です。

飲み方とすれば、空腹時やトレーニング中にはアミノ酸のサプリを摂取するようにし、食後もしくは、トレーニングの後にプロテインを補給する事で、長時間体内にアミノ酸を保持させる事で長時間、血液のアミノ酸濃度は一定に保たれています。

 

プロテインも使い分け

ボディービルダーや筋トレマニアの方、理想な体を手に入れている方の共通点は、筋肉を意識したトレーニング。

これは、まさに集中力なのですが、集中力が維持出来るのも、プロテインのおかげでもあります。先ほど、上記では、アミノ酸はトレーニング中に摂取し、トレーニング後にプロテインを飲む事で血液中のアミノ酸濃度を一定に保つ事でしたが、今回はプロテインでも、「ホエイ」「カゼイン」を使い分ける方法もお勧めです。

・ホエイプロテイン

運動中や運動後は、体はタンパク質を欲しがっている為、吸収力が抜群!

・カゼインプロテイン

ホエイプロテインに比べ、吸収力は遅いので、ホエイプロテイン⇒カゼインと言う順番で摂取する事で、アミノ酸濃度は保たれます。

 

理想的な飲み方の順番は、アミノ酸サプリメント例えば(BCAAなど)⇒ホエイプロテイン⇒カゼインプロテイン

>>【ゴールドジム】ホエイ、カゼインプロテイン、アミノ酸サプリ一覧

日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバイザーのたかです。サプリメントアドバイザーを志したきっかけは、『花粉症』です。30歳を超えた辺りから花粉症を発症し、当初は薬で対策していましたが、一番厄介でしたのが、副作用。体もだるくなるし、眠気も襲ってくる。医者からは、薬は最終手段の対策で、一番は栄養管理!特に花粉症は乳酸菌を積極的に摂取する事で内臓が元気になり免疫力も向上する!と言われてから、毎日、乳酸菌のサプリメントを飲むようになりました。それから数カ月後、薬の飲む量は減り、体のだるさも解消し、心身ともに元気になりました。その感動を一人でも多くの方に知って頂きたい為に、サプリメントアドバイザーの資格を取得しました。健康に特化した濃い情報を発信していきますのでよろしくお願い致します。

ウェブサイト: http://www.cafun.net/ http://www.metbo.net/

Facebook: takayuki.ando.18