不規則な生活は時計遺伝子が働かず、メタボになりやすい?

  by なみたかし  Tags :  


 よく生活のリズムは大切だというが、寝る前に何かを食べたり、不規則な生活をすると太りやすくなることが、時計遺伝子を使った実験でわかった。

 時計遺伝子(clock gene)は、体内時計をつかさどる遺伝子群を指す。動物では period (per), Clock (Clk), cryptochrome (cry) などが知られている。時計遺伝子に変異が起こると、生物は生活のリズムが保てず、行動にも変化が起きる。

 今回、肝臓の糖・脂質代謝の中核的な役割を担うカギ分子である「C/EBPα」が存在することが見出された。C/EBPαは、生化学的解析によると、肝臓で24時間活動している遺伝子の産物であり、肝臓におけるグリコーゲン合成や糖新生、脂肪の蓄積などに関わるさまざまな遺伝子の発現をコントロールする因子である。

 時計遺伝子が働くと、「C/EBPα」がつくられ、これがグリコーゲン合成や脂肪蓄積する酵素ができるのを制御。その結果、糖や脂肪が代謝されるつまり太りにくい体質になるのである。時計遺伝子が働かないと、C/EBPαもつくられず、糖がグリコーゲンとして蓄積されたり、脂肪が蓄積されたりする。

 発見したのは、産総研 バイオメディカル研究部門の石田直理雄 上級主任研究員らの研究グループによるもの。研究の詳細な内容は、現地時間3月11日付けで米オンライン科学誌「PLoS ONE」に掲載された。また、2013年6月25~30日にアイルランドで開催される第22回国際行動学会議で発表される予定だ。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP マイナビニュース:就寝前の食事や不規則な生活は肥満につながる Wikipedia:時計遺伝子

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami