痛風患者に朗報!温州みかんのβ-クリプトキサンチンが尿酸値を低下させる!

  by なみたかし  Tags :  


 温州みかんは「おんしゅう」でなく「うんしゅう」と読む。「温州」とはどこだろう? 愛媛は伊予、和歌山は紀州、宮崎は日向だ。温州の“う”の字も出てこない。

 調べてみると意外や意外。温州は、中国の東シナ海に面した浙江省(せっこうしょう)にある市の名前。日本ではなく中国の地名だった。 温州は、中国では「ウェンジョウ」と発音されており、それが日本で「うんしゅう」と読まれるようになったらしい。

 しかし「温州みかん」は国産である。JA和歌山県農の広報担当者に聞いてみた。「このみかんは、浙江省の温州が柑橘産地であることも手伝ってか、中国原産と思われがち。しかし実際は、鹿児島県の長島地域が発祥の地だといわれています。中国の『橘録』という書物で、温州のみかんを褒める記述があり、温州みかんはそれにちなんで付けられた名前のようです」

 なるほど、温州みかんは柑橘類の名産地である「温州」にあやかって付けられた名前だった。ちなみに欧米では、このみかんを原産地である鹿児島にちなんで、「サツマオレンジ」「サツママンダリン」と呼んでいるという。

 今回、ユニチカが「温州みかん」から抽出した「β-クリプトキサンチン」の摂取が、軽度高尿酸血症のヒトにて、血中尿酸値の低下作用を示す結果を得たと発表した。

 温州みかんの「β-クリプトキサンチン」は先日このブログでも、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防できる効果のあることを取り上げたが、ミカンを黄色くする色素であるβクリプトキサンチンが、骨粗鬆症だけでなく、痛風にも効くとは私のような痛風の人には朗報である。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP Wikipedia:β-クリプトキサンチン マイナビニュース:温州みかん由来成分が尿酸値を低下させる helthクリック:冬の定番みかんはこんなにスゴかった!

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami