妊婦は花粉症になりやすい!妊婦の花粉症対策方法!!

  by たか  Tags :  


妊婦はお腹にいる赤ちゃんがお母さんの栄養を頂いている事もありお腹の中でスクスクと大きくなっています。その為、妊婦の体の抵抗力は通常時の体調に比べますと、さまざまな体の変化がございます。

 

特にいままで花粉症にならなかった健全な方も、妊婦になって花粉症を発症したという話は稀ではございません。

 

そこで、妊婦の方の花粉症対策を3つに絞ってご紹介いたします。

 

・妊娠時の花粉症、花粉シーズンの過ごし方

 

・妊娠中、花粉症の薬はいつまで飲んで大丈夫か?

 

・妊娠中には何を積極的に摂取した方がいいか?

 

 

妊娠時の花粉症、花粉シーズンの過ごし方

妊娠中は体の抵抗力も低い為、ストレスも溜まりがちです。ストレスは体内の赤ちゃんに影響する為ストレスをなるべく溜めない事が重要です。

 

ストレスを解消発散するには好きな音楽を聞きながらハーブティーを飲む事がオススメ!ハーブティーの中でもペパーミントはオススメですよ。

 

 

ペパーミントの効能は、鼻づまりを解消し、ハーブティーの蒸気は目のかゆみを緩和する働きがございます。

ハーブの効能に関してはこちらのページが参考になります!

 

あと音楽の選定ですが、人によってさまざまですが、好きな音楽が山ほどある中で、我が家では新婚旅行に行った時のすばらしいひと時を思い起こしたい為にハワイアンの曲を流していました。

 

どうしても妊娠中は情緒不安定になる時期でもあり、ただ好きな曲を聞くよりも、昔楽しかった事を思い起こす音楽を聴く事が心に響くと言われております。

 

また行きたい、楽しかった思い出の曲を聞く事は気持ちも安らぎますし、また今度は、お腹にいる赤ちゃんが産まれてきたら、家族でハワイに行ってみたいなど、気持ち的にもアクティブになります。

 

ストレスを解消させることも花粉症の悪化を防ぎますので是非リラックスタイムを取り入れてみて下さい。

 

・花粉シーズンの外出時の対策、帰宅後の対策

 

妊娠中はなるべく不要な外出することは控えましょう!

 

しかし、どうしても外出しなければならない用事は必ずございます。産婦人科に行く、夕食の買い物に出かけるなどなど・・・そこで、外出する場合は出来るだけ花粉の飛散量が少ない時間帯に外出される事をおすすめしています。

 

関連ページ>>※花粉飛散が多い時間帯をチェック!

 

花粉の飛散量が最も多い時間帯午後1~午後3時の間がピークです!

この時間帯はもっとも花粉が多い時間帯ですので、外出を控えて頂くことと、洗濯や部屋の窓を開ける事も控えて頂きたいです。

 

・花粉飛散が多い時間帯の過ごし方

 

妊婦にとってリラックスする事は、胎児にも良い影響があると言われていますので、13時~15時の外出しない時間は趣味の時間にあてることもいいですね。

 

・妊娠中、花粉症の薬はいつまで飲んで大丈夫か?

 

妊娠の5週~6週目あたりからつわりが始まり、ストレスも精神的にも不安定な日々が続きます。そのような原因からも体の抵抗力は衰えてくるとも言われており、妊婦中は自分の体の丈夫さに過信することは控えて頂き妊婦は自分だけの体ではない事を再認識することがとても重要です。

 

そこで、妊娠時の花粉症は薬を飲んで大丈夫かが少し気になるところです。

一般的に妊娠し4週~7週までは薬を飲む事を控えると言われております。

 

ただ、点鼻薬や点眼薬などのご使用は問題ないと言われておりますが、念のため医師の相談が必要です。

 

・妊娠中の方は乳酸菌の摂取をおすすめします!

妊娠中の方は、胎児の為にも少なからず健全な方に比べますと辛い部分をする事が多いです。少しでも体調を回復させる為にも、乳酸菌を摂取し、腸内を整える事を先決にして下さい。

 

腸内が整う事で、便通は良くなり、体内に毒素を溜めこまない、腸内は体の免疫機能を支える重要な部分でもありますので、腸内の乱れが体調の良し悪しを決めていますので、体内から改善する事をオススメします。

 

乳酸菌は本当に体が変化するの?

乳酸菌飲料、乳酸菌の食べ物など数多くございます。普段から習慣として食されている方は、問題ございませんが、普段から食されていない方で、免疫機能が低下、腸内バランスも不安定の方は、一時的に高濃度の乳酸菌の摂取する事で体の改善の変化に期待できると思います。

 

乳酸菌は通常、胃酸に弱い為、沢山摂取したとしても乳酸菌が腸まで届くのは、ごくわずかと言われております。乳酸菌で体の改善を図る、今の辛い状況を早く改善されたい方は、胃酸に溶けず、確実に腸まで届きます高濃度の乳酸菌を摂取される事をオススメします。

 

・高濃度の乳酸菌で体の変化は?

・腸が元気になり、風邪になりにくい

 

・日々の体のだるさも解消

 

・精神的にも楽になり、気持ちもアクティブになります

 

・薬ではないので、副作用の心配も無く、お子様も安心して飲める

 

・体内から改善される乳酸菌で体調改善をするならば、高濃度の乳酸菌をオススメします。

 

参考サイト「花粉症対策は体質改善が先決ですよ!!

日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバイザーのたかです。サプリメントアドバイザーを志したきっかけは、『花粉症』です。30歳を超えた辺りから花粉症を発症し、当初は薬で対策していましたが、一番厄介でしたのが、副作用。体もだるくなるし、眠気も襲ってくる。医者からは、薬は最終手段の対策で、一番は栄養管理!特に花粉症は乳酸菌を積極的に摂取する事で内臓が元気になり免疫力も向上する!と言われてから、毎日、乳酸菌のサプリメントを飲むようになりました。それから数カ月後、薬の飲む量は減り、体のだるさも解消し、心身ともに元気になりました。その感動を一人でも多くの方に知って頂きたい為に、サプリメントアドバイザーの資格を取得しました。健康に特化した濃い情報を発信していきますのでよろしくお願い致します。

ウェブサイト: http://www.cafun.net/ http://www.metbo.net/

Facebook: takayuki.ando.18