世界最高の変換効率37.7%!これは便利!ビーズ型太陽電池と半透明太陽電池

  by なみたかし  Tags :  


 太陽電池の光エネルギーを電気エネルギーに変える変換効率は現在、20%。しかし先端技術では、変換効率が40%以上で、発電コストが1キロワット時当たり7円という汎用電力料金並みの太陽電池を2050年までに実用化することを目指し、開発を進めている。

 今回、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とシャープは、37.7%という世界最高の変換効率を持つ太陽電池の開発に成功した。

 この太陽電池は、インジウムやガリウムなど2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を3層重ねた構造をしており、化合物3接合太陽電池とよばれる。それぞれの層が異なる波長の光を吸収することで変換効率を高めることができる。

 昨年11月には、同様のしくみで、36.9%の世界最高値を達成している。今回の成果は、受光面に占める有効受光面積の割合を増やすことで実現できたという。

 一方、変換効率は今までと変わらないものの、ちょっとした工夫で、付加価値を付けて使い勝手のよくなった太陽電池も販売されいる。今日は新タイプの太陽電池の中で、ビーズ玉のように加工してつなげると布のようになる小粒球状の太陽電池と、半透明で発電と採光を両立でき、建築用ガラスとして活用できるシースルー太陽電池を紹介する。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考HP マイナビニュース:球状太陽電池を織り込んだ布地 窓ガラスに設置できる太陽電池モジュール

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami