ネズミの大量発生に苦しむ街 当局が打ち出したキャンペーンとは

  by 綾瀬 新  Tags :  

ドラえもんだったら何度も卒倒するはずだ。南アフリカ・ヨハネスブルグのアレクサンドラ地区でネズミが大量発生中。頭を悩ませる当局は「ネズミを60匹捕まえれば、携帯電話を一台プレゼントします」キャンペーンで、大繁殖している小動物の撲滅を目指している。

南アフリカ国内最大の都市の、かつての黒人居住地区はネルソン・マンデラが住んでいたことでも知られる。その地区の実情はネズミが繁殖するには理想的とのこと。ボロボロの住居が密集し、下水などの衛生環境も相当悪いそうだ。

困り果てた当局は、ネズミを食べるフクロウを放ち、さらに住民に協力を依頼した。ネズミ捕獲用のケージを支給し、地元のボランティアと携帯電話会社と連携して、ネズミを60匹捕まえた住民全員に携帯電話を進呈することに。動物愛護団体からの批判もあるようだが、ネズミの街というレッテルは貼られたくという気持ちが強かったのだろう。

キャンペーン開始以来、4000匹近くのネズミが捕獲されている。単純計算すると既に60台以上の携帯電話がプレゼントされたことになる。複数台ゲットすることも可能で、実際に“ラット・ハンター”も現れているようだ。

ちなみに総務省・世界情報通信事情によれば、南アフリカはアフリカ屈指の携帯電話普及率を誇り、携帯電話加入者数は総人口を上回っているほど。そのうち「携帯では物足りない」との声が出てくるかもしれない。

画像: ネズミ60匹と携帯電話交換キャンペーンを伝えるアフリカのウェブサイトのキャプチャー
http://mg.co.za/article/2012-10-26-00-catch-60-rats-win-a-phone

Writer. Monokakiya Smile.

ウェブサイト: http://monokakiyasmile.tumblr.com/