人間のあごひげからビールをつくってみました

  by 綾瀬 新  Tags :  

キリンビールのホームページで紹介されている「おいしいビールができるまで」。その過程の一つである【発酵】については以下のように説明されている。

冷やした麦汁に酵母を加え、低温発酵します。

どこにでもある酵母だが、米国オレゴン州のビール醸造所は意外なモノからそれを取り出した。なんと人間のあごひげからだ。

ある日のこと。ローグエールというビール醸造所は、ホップ畑から採取したサンプルの酵母を研究所に送った。残念ながら結果はどれも不適格。失敗の気持ちを紛らわせようとしたのか、醸造所の責任者を務めるジョン・メイヤーのあごひげを切って試しに提出することに。そこからすべては始まった。

新たなサンプルを受け取った研究所のエキスパートたちは驚きを隠せなかった。ジョンのあごひげの酵母は、疑いようがないほど、ビールづくりに完璧だったからだ。ビールづくりの達人は1978年からあごひげを伸ばしているそうで、実に34年も“寝かせていた”ことになる。彼は一生ひげを剃らないかもしれない。

ローグエールのホームページでは、あのコロンブスのアメリカ大陸発見と並べて、今回の出来事を紹介している。あごひげの酵母からなるビールは製品化に向けて着々と準備中で、2013年初頭には発売予定とのこと。

画像: ジョンのあごひげを伝えるニュースのキャプチャー
http://www.youtube.com/watch?v=Y3A5-H3h-Ag

Writer. Monokakiya Smile.

ウェブサイト: http://monokakiyasmile.tumblr.com/