ほうじ茶とそぼろのまぜごはん

  by 中島麻実  Tags :  

ほうじ茶とそぼろのまぜごはん

調理時間

炊く前15分、炊けたら1分。

材料 2人分


米 1合

ほうじ茶(ペットボトルのものでも可)

豚ひき肉 80g程度(卵一個と同じ大きさぐらいの固まりです)

たまご 1個

しょうゆ 少し

ごま油 少し

塩 ひとつまみ

 

 

作り方

米をとぎ、水の代わりにほうじ茶でごはんを炊く。炊くときに塩をひとつまみ。おまじない程度入れてください。

 

【2】

ひき肉をごま油と醤油でいためてそぼろにする。(甘いひき肉が好きな人はここで砂糖を少し。しょうが汁を入れてもおいしいです)。

卵も炒り卵に(ごま油だけで、味付けなしでOK)。

 

【3】

【1】と【2】を味の加減を見ながら、混ぜて完成。味が足りなかったらお塩で調整を。

 

 

以前からお付き合いさせてもらっている京都の小さな割烹に、

お祝いごとがあってたずねました。

シャンパーニュのクリュグをあけて乾杯して、

機嫌良く飲んで食べて、ずいぶん崩れた席になったのですけど、

宴果ててみんな飲み疲れた頃に出てきたのが「ほうじ茶のお茶漬け」でした。

鶏とたまごの二色のそぼろに、ほうじ茶をかけてざくざく食べるような感じで、

ごはんに香ばしいお茶の香りが加わって、とてもおいしかったのです。

 

それからお家でもほうじ茶のお茶漬けをたまにするのですけど、ふと、

「ほうじ茶でごはんを炊いてみたらいけるかも」

と思って作ってみたのが、ほうじ茶ごはんです。

お水の代わりにほうじ茶に塩をほんのひとつまみ入れて、お米を炊くだけ。

普通のおかずにもとてもよくあうのでわたしは大好きです。

 

このほうじ茶ごはんを、おかずと合体させてまぜご飯にすれば、

おにぎりなどの携行食品にもなってとても便利です。

宇宙食みたい。

 

いろいろ組み合わせてみたのですけど、

ほうじ茶の相棒はやっぱりそぼろがわたしは一番好きです。

鶏そぼろもおいしいですが、豚肉のそぼろは少しこってりするので、おなかもふくれます。

少しのごま油だけで炒ったたまごを混ぜると優しい味になります。

 

お米料理が大好きな中島麻実です。 チャーハン、まぜごはん、どんぶり、たきこみごはんにお世話になっています。 酒のつまみは唐揚げが好きです。定食はとんかつが好きです。 出版社でOLしています。仕事柄会食が多いです。 2口ガスコンロ、2畳足らずの狭いキッチンからお届けします(・∀・)

ウェブサイト: http://d.hatena.ne.jp/nksmasm/

Twitter: aknmssm

Facebook: http://www.facebook.com/nakashimaasami