脱出成功確立10万分の1の迷宮に人気よしもと芸人が挑戦!―富士急ハイランドに新アトラクション『絶望要塞』がオープン

  by 瑞樹頌平  Tags :  

7月28日、同日より富士急ハイランドに新たに誕生した脱出迷宮アトラクション『絶望要塞』のオープニング記念イベントが行われ、オリエンタルラジオの藤森慎吾さん、品川庄司の庄司智春さん、ジョイマンの高木晋哉さんと池谷和志さんが登場した。
『絶望要塞』は、史上最難関、脱出成功確立10万分の1を目指して設計されたミッションクリア型のウォークスルーアトラクション。
参加者は、“迷宮”と化した巨大要塞からの脱出を目指して、いくつものステージと100を超すミッションに挑戦する。延べ総床面積3,300㎡、完全脱出までの総体験時間は1時間を優に超える巨大要塞からの脱出には、「知恵」、「記憶力」、「体力」、「想像力」、そして「運」を駆使しなくてはならない。
そんな史上最高難度のアトラクションのオープニングチャレンジャーとして今回招集されたのは、人気よしもと芸人の4人。
明治大学卒で綿密なお笑い業界分析により“チャラ男キャラ”というポジションを確立した「知力」代表の藤森さん、お笑い界屈指の肉体美を誇り、日々のトレーニングにも余念がない「体力」代表の庄司さん、独自のラップとゆるいキャラクターがウケ、時代の寵児となった「時の運」代表のジョイマンの2人だ。
4人はその場で実際に『絶望要塞』の1stステージにチャレンジ。そのドタバタ模様が音声実況されたが、制限時間内に脱出を果たすことはできなかった。
「脱出を目指して全力で走り回ったのに、後輩3人が全くついて来なかった」と語る「体力」担当の庄司さん。
持ち前の「運」を味方につけ、スタート地点である独房の扉の鍵を解除することに成功したジョイマンの2人。
この夏、女の子を『絶望要塞』に誘うための“誘い文句”について質問され、「絶望の先に、最高の欲望が待ってる!一緒に脱出しないか?」とさすがのチャラ台詞を放った藤森さん。
今回、よしもと芸人の4人は『絶望要塞』からの脱出に失敗したが、様々な難関に打ち克ち、見事最終目的地に到達した参加者には「脱出成功者」の認定と賞品が贈られるとのこと。

数々の絶叫系アトラクションで来場者を恐怖に陥れてきた富士急ハイランドから新たに叩き付けられた挑戦状、脱出迷宮アトラクション『絶望要塞』。
この夏、エキサイティングな体験をしたいと考えている方は、「知力」、「体力」、「時の運」を総動員して、脱出成功確率10万分の1の最難関アトラクションにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

【脱出迷宮アトラクション『絶望要塞』について】
■開業日:2012年7月28日(土)
■定員:約30名
■利用制限:小学生以上 ※小学生は、中学生以上の大人同伴が必要
■料金:800円 ※フリーパス利用可
■富士急ハイランドHP:http://www.fujiq.jp/

かなり副業的ではありますが、フリーで物書きなどをしています。ごくたまに、ジャンルを問わず手元に面白い情報が入ってくることがありますので、この場をお借りしてご紹介させていただければと考えています。新しい製品やサービスについての紹介・レビュー、時にはイベントレポートなども。

Twitter: koizumi_shie