知ってる?よしもと芸人が神奈川100ライブ58市町村制覇ツアーお笑いコンビ『囲碁将棋』ゲスト『ゆったり感』インタビュー

  by いと、まほろば  Tags :  


【写真左:囲碁将棋(文田大介・根建太一) 写真右:ゆったり感(中村英将・江崎隆文)】
来年4月は吉本興業100週年。それを記念して各都道府県に関連する芸人達が各県で100本のライブツアーを行なっているのをご存知だろうか。

筆者は神奈川県に住んでおり、川崎、横浜を拠点に仕事をしている身でありながら、全く知らなかったので取材を敢行した次第である。新百合ヶ丘にある川崎アートセンターという劇場での公演を終えた『囲碁将棋』さんと『ゆったり感』さんに話を聞いてみた。

-今回のツアーの趣旨は?
来年4月がよしもとの100週年に当たるので、そこで全国48都道府県各所で100本のライブをしようという事になりまして、僕ら囲碁将棋は神奈川県代表という事でやらせて頂く事になりました。およそ2時間の中で、ネタをやるのが中心ですが、全公演中、一回もネタを被らせない真剣勝負でやっています。結成が2003年で、芸歴としては9年なんですが、今回のツアーの為に作ったネタも合わせると合計200本のネタが出来上がりました。それでも、僕らだけでは大変なので、毎回ゲストに仲の良い芸人を呼んで、トークコーナーとか色々な企画をやっていたりしています。弟も芸人をやっているので、弟を呼んだ時もありました(根建)

-今回のツアーの中での面白エピソードは?
今回のツアーはなるべくお金をかけないようにしているので、音響とかの技術まわりを若手作家の今井太郎くんにお願いしているんですが、どうもこの今井くんが行く先々の劇場の技術スタッフと喧嘩するんですよね。劇場のスタッフさんは皆優しい方ばかりなんですが、どうも今井くんとソリが合わないみたいで、いつも喧嘩腰なんですよね。なので、今は僕らのツアーという事にはなっていますが、同時に「今井くんと劇場さんの喧嘩ツアー」みたいな側面もあって、ヒヤヒヤしております。

その後、ゲストで登場していた「ゆったり感」も加わり、4人でインタビューに応じた。

-同期という事もあり、皆さんはとても仲がいい感じですが、コンビ間でよくある「もう顔も見たくない」という時はないんですか?
ないですね。僕ら4人は、全員同学年で養成所も同期だったので、昔からよく一緒に遊んでました。ここ川崎は、文田の地元でもあるので、よく皆でよみうりランドに行きましたね。文田、根建、中村は一緒にバンドを組もうかと言う程の大の仲良しで、関係ない友達で浅井くんという人もいて、よく4人で遊んでます。江崎以外の3人は仲良しです。

この4人の中だと、江崎さんはあまり付き合いが良くないらしい。

-それぞれ違うコンビという事ですが、今後の展望として、どんな事を望んでいますか?
今年はとにかく『THE MANZAI』の決勝に行きたいですね。そして、もっと知名度を上げて、いずれは冠番組を持ちたいです。それが出来たら、ゲストとしてお互い呼び合いたいですよね。

今回のツアーは、これまでの芸人生活の中で最も濃密な時間と物量です。神奈川県代表という事で、僕らだけで58公演をこなさなければならない、終わった頃にはきっと前よりも大きな力が付くとは思うけど、きっと想像を絶する大変な事や災難があるかもしれません。でも舞台に立つのは楽しいし、何よりお客さんと触れ合う事が出来る事、そして、芸人仲間がゲストとして協力してくれたりするのは非常に心強くて、充実しています。とにかく、僕らがこんな形で公演をしている事を一人でも多くの人に知って頂いて、是非来て欲しいです。「お暇なら来てよね」と、多くの人に語りかけたいです。

以上、インタビューでした。

記事:高坂雄貴/いと、まほろば

■詳細情報
http://syumatsu.laff.jp/kanto/2012/08/58-6216.html

協力:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

映画・TVドラマ・舞台演劇・イベントのトータルコーディネート。適材適所に人材をはめこむキャスティングが主な仕事。ですが、幅広いネットワークの中で結構面白い人からのお話を聞く事が多いので、雑文交えてゆる~い記事を執筆しています。http://itomahoroba.com/

ウェブサイト: http://itomahoroba.com/

Twitter: itomahoroba

Facebook: itotakasaka