アナタの好みがわかるかも?日本酒が楽しめる直近のイベント

  by せっちゃん姫  Tags :  

ようやくお出かけしたくなるような日が増えてきて、全国的にも桜の開花も近付いてきました。今回は、さらに春の陽気を加速させてくれそうな日本酒イベントをご紹介します。

■両国が東京地酒の天国になる5日間「東京地酒フェア」
東京にある9つの蔵元が両国に集結するイベント。“粋な江戸の食文化を楽しむ”をコンセプトとした和食店が集まった商業施設「江戸NOREN(ノレン)」で、2018年3月20日~24日の5日間限定で開催されます。

関東で唯一の日本酒の利き酒ができる自動販売機が設置され、飲み放題は純米・純米吟醸20種類。飲み放題と別に1杯100円で大吟醸10種と生ビールも飲むことができます。酒のあても東京の名産品や縁のあるものがチョイスされていて、奥多摩のわさび漬けや国技館の焼鳥などが200円から購入できるほか、持ち込みも可能。
利き酒で気に入ったものがあれば、即購入できる販売所も用意されているようです。

<各蔵元 ( )内は代表銘柄>
石川酒造株式会社(多満自慢)、小澤酒造株式会社(澤乃井)、有限会社小澤酒造場(桑の都)、田村酒造場(嘉泉)、東京港醸造(江戸開城)、豊島屋酒造株式会社(屋守)、中村酒造場(千代鶴)、合名会社野口酒造店(国府鶴)、野崎酒造株式会社(喜正)

<開催概要>
日時   : 2018年3月20日(火)~24日(土) 11時~22時(最終受付21時)
会場   : 東京商店(東京都墨田区横網1-3-20 江戸NOREN内1F)
アクセス : JR両国駅西口直結
参加費  : 1時間1,500円(税抜) 延長30分500円(税抜)
      ※オリジナルお猪口(400円相当)をプレゼント
定員   : 特になし(満席の場合はお待ちいただきます)
申込方法 : 当日、店内レジカウンターにて受付
公式サイト: http://shouten.tokyo/

■日本橋で滋賀を満喫できる「SHIGA’s BAR in ニホンバシ」
日本橋にある滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」では1日限定で滋賀の酒蔵33蔵を飲み比べできるイベントを3月21日に開催。滋賀県酒造組合が協賛しているバーが常設されており、普段から滋賀の地酒を嗜むことができるスペースは用意されていますが、いつもより広いスペースで飲み比べできるのはこの日限り。日本酒以外にも、鮒ずしのおつまみなど滋賀の美味しいおつまみも楽しめます。

地酒以外にも信楽焼やお灸体験もできるそうなので、日本酒はほどほどに滋賀に行ったつもりになって1日楽しむのも良いかもしれません。

<開催概要>
日時 :2018年3月21日(水・祝)11:00~17:00
場所 :ここ滋賀隣接スペース
    東京都中央区日本橋2-7-1 ベルサール東京日本橋・屋外スペース
入場料:無料

■世界初の酒蔵プロジェクションマッピングも開催!白鶴酒造の「酒蔵開放」
神戸の白鶴酒造では酒蔵の開放日が決定。無料試飲は、春夏の新商品や糖質ゼロ商品など10種類以上を飲み比べることができる太っ腹企画で毎年人気だそうです。白鶴酒造は、日本酒を嗜むことよりも日本酒に親しむことを目的としているようで、親子でも楽しめる事前予約制のセミナーや紙すき体験コーナーなどお子様連れでも楽しめるイベントも実施されるとのこと。他の日本酒イベントよりも年齢層が下がるので日本酒初心者でも比較的お出かけしやすいかもしれません。

<開催概要>
日時:2018年4月7日(土) 9時30分~16時30分(雨天決行・荒天中止)
場所:白鶴酒造資料館(兵庫県神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5)

基本、子どもが好きなものは好き。大人が好きなものだと、お酒と旅行と小説が好き。気になったもの、好きなものと良いものを見つけたら、脈絡なく教えちゃう主義。

Twitter: @gene_unieke