インドネシア発のシティ・ポップバンド「ikkubaru」 邦人クリエイターによるリミックスアルバムが10月6日発売

1980年代の日本で流行したシティ・ポップにインスパイアされた音楽性が話題のインドネシア出身バンド『ikkubaru(イックバル)』

今年も藤井隆さんのリミックスアルバム『RE:WIND』に参加したり日本ツアーを成功させたりと話題に事欠かない彼らだが、このたび邦人クリエイターによるリミックスアルバムがiTunesとOTOTOYから限定配信リリースされる。

タイトルは『Breeze From Dancefloor -ikkubaru remixies-』

AAAのリミックスを手がけたTREMORELAやラフォーレ原宿のセールテーマ曲を手がけたパソコン音楽クラブなど気鋭のサウンドクリエイターが参加し、1stアルバム『AmusementPark』やEP『Brighter』の収録曲をメロウかつダンサブルに生まれ変わらせている。

現在、SOUND CLOUDでは全曲クロス・フェード音源が視聴可能。

J-POP、歌謡曲、ダンスミュージックなど幅広い音楽ファンにとって必聴の作品と言えるだろう。

作品詳細は以下の通り。

ikkubaru(イックバル) 『Breeze From Dancefloor -ikkubaru remixies-』

【発売日】
2017年10月6日

【品番】
LACA-10002

【価格】
1曲250円~300円

【収録曲】
1.Chasing Your Shadow (TREMORELA Remix)
2.City Hunter (909state Remix)
3.Slide Away (Pasocom Music Club Remix)
4.Highway (tanaka scat Hokuriku Expwy Remix)
5.Ride (Musicarus Turbofunk Remix)
6.See The Skies (thamesbeat Remix)
7.Blue Waltz (Junya Tokuda Remix)
8.Seaside (YusukeUdon 16B Remix)
9.Love Me Again (Mitaka Sound remix)
10.Brighter (Loconyan Remix)
11.Eve (AVV Remix)
12.Amusement Park (ゆnovation odekake06 Remix)

【発売元】
合同会社 音楽事務所LAZY ART

【販売元】
株式会社ウルトラ・ヴァイブ

※画像は『合同会社 音楽事務所LAZY ART』オフィシャルブログから引用しました
http://info.lazy-art.net/?eid=14

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の誘いにより芸能活動をスタート。 2007年からは田中友直をサウンド・プロデューサーに迎えソロに転向。 代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)など。 近年はテレビ、新聞、ウェブメディアなどの媒体で音楽・芸能評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo