京都の不動産事情・・・京都にマンションが増え景観が京都で無くなる!?

  by ニョッキー  Tags :  

画像:京都府HP


京都の不動産事情について、このような記事がありました。

「古都京都の文化財」付近の最新不動産事情――景観重視か修繕費捻出か?神社が抱えるジレンマ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160805-00010000-cyzozk-soci

「古都京都の文化財」付近の最新不動産事情――景観重視か修繕費捻出か?神社が抱えるジレンマ[サイゾー 8月5日(金)]
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160805-00010000-cyzozk-soci

京都と言えば、古くからの歴史や文化の町で、過去に戦争やバブル期がありながらも、その美しい景観は守られてきました。京都では「景観政策」があり、建物物の色、デザインなどが規制されており、建築物を建てづらい環境で、さらには京都は大企業が多く存在し、単身赴任の会社員が多かったり、学校が多かったり・・・などの条件が重なり京都の不動産物件は希少性がありました。

しかしこの記事によると、「世界遺産の敷地内にマンションが建設されている」ということです。
最近では行政のガイドラインに即したマンションが計画され、京都に合ったマンションが建築されているようです。

日本ホールディングスがプロデュースする都市型分譲マンション「ベラジオシリーズ」というマンションシリーズは「安全性」「快適性」「デザイン」という3つについて徹底的にこだわりぬいたハイクオリティーマンションです。『都市の美しきくつろぎ』というテーマで、京都の環境に馴染みつつも京都の景観に合った美しいデザインや、優れた居住性。』
日本ホールディングスを紹介・・・京都の不動産投資会社[不動産投資NAVI] より引用

今後、京都の街がどのようになってしまうのか・・・不動産物件の価値はどうなるのでしょうか。

SEOコンサルタント/お笑い芸人/調理師 著書:「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本」(技術評論社)、「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化」(秀和システム)など。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/arzentin/

Twitter: snyokky

Facebook: 100000461799159