中華料理店のメニュー看板がアートの領域。冊子はまた完売したけど、姉妹店で実物が見られるよ!

  by sawa  Tags :  

メニュー看板の文字がカッコいい!と話題に

新宿御苑近くの中華料理店「太子楼」。その店頭に置かれたメニュー看板の手書き文字がかっこいいと、数年前から話題になっていました。

看板文字のファンが、看板の画像をひたすら紹介する「#きょうの太子楼」も。

黒板にチョークで書かれた文字

看板は黒板で、文字は白、青、ピンクなどのチョークで書かれています。書き手はお店のマスター。太い線と細い線の絶妙な組み合わせ、つる草を思わせる曲線、丸みを帯びた形状とポイントで置かれる達筆な一文字・・・これはアートだ。

装飾性の強い「あんかけ」と力強い達筆「そ」

センスの光る「茶」

もうネットでしか見られない?と思いきや、姉妹店の店先に!

お店はすでに閉店

「太子楼」は昨年4月に閉店し、新宿でメニュー看板を見ることはできなくなっています。

ファンの方が冊子を販売。しかし完売・・・

閉店後の昨年、以前から「太子楼」のメニュー看板に注目されていたksskさんが、看板の文字をまとめた冊子「太子楼五體字類」を販売しています。看板の写真のほか、文字そのものを取りだしてレイアウト。文字の魅力が伝わってくる味わい深さが好評で、すぐに完売してしまいました。

太子楼五體字類

その後も何度か再販されていますが、現在は完売している様子。ううむ、もはや看板文字はネットでしか見られないのか・・・

原宿の姉妹店に看板が!

しかし、「太子楼」には都内に姉妹店があるとの情報が。原宿駅からほど近い場所の「燕 東京茶楼」という中華料理店です。実際に訪れてみると、店先に・・・あっ、あの文字が。

あった!

文字を書かれているマスターも店内いらっしゃいました。看板の文字が評判になっていることもご存知でした。

料理も美味しかったです。

画像の引用について

http://xn--sssw3c8yw.tumblr.com/
著者撮影のもの
著者撮影のもの
https://eidantoei.booth.pm/items/246688
著者撮影のもの
著者撮影のもの
※看板の画像はお店の方に確認して掲載しています。

sawa

ちょっと話題になっていることやちょっとめずらしいことをネタにして、記事を書いています。

ウェブサイト: http://shukansawa.hatenablog.com

Twitter: @sawa1276