【ガジェ通秋葉原制覇】ノー・モア・コッテリ!シンプルな”中華そば”が食べたい時はココだ! @『田中そば店』

  by YELLOW  Tags :  

ガジェット通信の引っ越し先である秋葉原には、数多くの飲食店があります。というわけで秋葉原を制覇する為に、日々“脂肪”を蓄える筆者(YELLOW)ですが、あえて言おう!

「たまにはサッパリしたラーメンが食べたい!」

そんなオッサン(43歳独身)の夢を叶える店が、この『田中そば店』で御座います。

誰にでも入りやすい『田中そば店』

店内も広く清潔感があり、店員さんも多いのでオペレーションもしっかりしています。

なので誰にでも入りやすいラーメン屋さんでして、最近はちょいちょい並ばないと食べられない人気店で御座います。

『中華そば』を所望する!

券売機は店の外にあるのですが、案内係的な店員さんが行列を整理しているので、まず食券を買い忘れる事はないでしょう。

いきなり上位機種から攻略すると、次回からの記事がショボくなるので、まずはベーシックスタンダードなラーメンから押さえるのが、筆者の流儀で御座います。

というわけで、『田中そば店』で基本となる『中華そば』(750円)の食券を購入して順番を待ちます。

『中華そば』を食す!

オペレーションがスムーズなので、待機時間は短めでしょうか?

店内に案内されて座ってからも、待ち時間は少な目で早々と筆者の『中華そば』が提供されました。

いかにも『中華そば』らしい端整なビジュアルのラーメンで、見た瞬間から美味しいであろう事が予想出来ます。

スープの完成土が高い『中華そば』

かなりあっさりしているスープなので、最初は豚骨ベースのスープだとは思わないくらい澄んだ味です。

豚骨は煮立たせると白濁してしまいますが、火加減さえ的確であれば淡麗系のスープも作れます。

昔は豚骨であればコッテリ系で、鶏ガラベースであれば“あっさり系”みたいなイメージですが、最近では豚骨で淡麗系のスープを狙ったり、鶏ガラでコッテリ系(鶏白湯など)を作るので、色々な店のラーメンを食べて自分の好みを探すのも面白いですね。

若干、塩が強く感じますが、塩ラーメンの場合はこのくらい利かせないと、メリハリの無いラーメンになってしまうので、筆者的には『田中そば店』の塩加減は正解だと思います。

中太平打ち縮れ麺が美味しい

いわゆる“喜多方ラーメン”を彷彿させる麺ですが、それもそのはず『田中そば店』の公式サイトを見てみると、塩味の喜多方ラーメンを狙っているようです。

なので、ちょいと麺も太めなので必然的にスープも塩を利かせたと解釈出来ますね。

麺の美味しさ的には普通ですが、茹で加減もバッチリで麺量もあるので、この『中華そば』にはマッチングしていると思いました。

チャーシューは豚バラ肉である!

チャーシューは巻いてないタイプの“豚バラ肉”で、その柔らかさと旨みを楽しむ事が出来ます。

またデフォルトの『中華そば』にも関わらず、チャーシューは3~4枚乗っているのも良いですね。

他の具材はメンマとネギのみと言うシンプルさですが、素朴な『中華そば』を目指したラーメンなので、他の具材は必要ありません。

『中華そば』 総評

ひとつひとつの完成度が高い『中華そば』だと思いました。

秋葉原の中心部は、かなりコッテリガッツリしたラーメン店が集中しているので、この『田中そば店』の存在は貴重かと存じます。

若干、一番安い『中華そば』が750円と言う価格設定なのは賛否が分かれる案件ですが、安くて不味いよりは100倍マシなので筆者的には問題なしです。

それでは、是非みなさんも秋葉原で塩ラーメンを欲した時は、この『田中そば店』に訪れてみて下さい。

『田中そば店』秋葉原店

住所:東京都千代田区外神田3-8-3 第1針谷ビル1F

営業時間 11:00~21:00 
定休日:年中無休

酒と料理に情熱と脂肪を燃やすフリーライター ”日の丸構図で寄りまくる!”と言う素人写真を武器に暗躍する。美味しい料理を世界にバラ撒く”飯テロリスト”として各国の情報機関にブックマークされたが反省はしていない。 取材依頼(新店舗、新メニューのPR)その他記事の執筆依頼は下記のメールアドレスまでお願いします! mc_yellow@nifty.com なんとなく作ったサイトも絶賛稼働中! http://foodnews.jp/

ウェブサイト: http://foodnews.jp/

Twitter: mossberg835