初海外一人旅で南ドイツへ(2)ホテル

  by 冨田弥生  Tags :  

私は5日間、ミュンヘン中央駅の目の前にあるAloftというホテルに滞在しました。
ミュンヘン中央駅を起点に旅をしたのでホテルの場所としてはとてもいい立地でした。

もう本当目の前で駅到着後まったく迷わずたどり着けました

[ホテル正面玄関]

ホテルの部屋からはミュンヘン中央駅とインターシティ眼前にどどんと

[部屋からの眺め]

部屋についたらベットが2つ?!


シングルで予約したはずなのに部屋に入ったら別途が2つ。チェックインの時特に何も言ってなかったので間違えたのかしら・・・と思い、「お部屋のベットが二つあるんすけど?!」って受付に駆けつけたら
「空いてたのでお部屋を変えました。もし嫌ならチェンジしますけど」と受付の男の子が。
5日間、片方のベットは物置になってました。

お部屋の設備をご紹介

無料のお水が1日1本。ちなみに手つかずで置いておくと更に1本はもらえず。冷蔵庫に入れておくともう一本置いてくれました。


ドイツのトイレは大小の文字の代わりに大きさの違うボタンがあります。右が小のボタンで左が大のボタン。

ボディクリームと石鹸はプレゼント

バスタブはなしでした。それで、実はこのシャワーが問題でした・・・。

シャワーを使ったら大洪水!!!

11時間のフライトと長距離列車の移動で疲れたのでホテルに着いてから速攻でシャワーをあびました。
ハワイのホテルでは水量の少ないシャワーにもんもんとしたのですがここドイツAloftのシャワーは
水量に問題はなし。ふんふん♪と使っていたら・・・・・・・・・・大洪水?!!!!!

「なんじゃこれ?!!(Θ□Θ;)?!!!」
気づけばトイレを通り越し水面台のエリアまで浸水してました。
何か一定以上使うとあふれる模様・・・
さすがエコ大国ドイツですね?!!!!(え、違うって?故障???)(^^;)?!!
他のお客さんがどう使ってたのか疑問です。問い合わせも億劫だったのでもう何も言いませんでした。
Booking.comでホテル評価の依頼メールが来てたので問い合わせてみたいと思います・・・。

[時限爆弾のようなアラーム時計]


ハワイでもそうだったんですがホテルの海外のテレビはメーカーがLGのものが多いです。


4桁の番号を入れてロックできる金庫です。結構奥行きがあって色々入れられました。
お財布以外にも一眼レフカメラのレンズ、キンドル、充電器等も入れてました。
ちなみにこれロックする時扉を手で押さえてないと開いたままロックされてしまうという面白い金庫でした。

クラシックロックが好きなアラサー女。趣味はドラム、カメラ、時々自転車山登りなど。

ウェブサイト: http://gihyo.jp/book/2015/978-4-7741-7602-4

Twitter: snoopy0224