偶然、聞こえちゃったオフレコ会話

  by chamberlain1991  Tags :  


(写真: http://www.dailymail.co.uk/から引用)

この数日、BBCニュースでも流れてちょっと話題になっているのが、うっかりマイクロフォンが拾ってしまった首相やエリザベス女王などの会話だ。本来、オフレコであるべき会話だったのだろうが、たまたまマイクロフォンの感度の関係などで、しっかりと録音されて残っていた、というものである。イギリスでは、俳優やミュージシャンなどのセレブよりもメディア攻勢が激しい王室、キャメロン首相などの政治家の会話が、ときどき、このアクシデントにみまわれて大きな話題になる。

そこで、最近のもので、興味深いものを少々調べてみた。

今週火曜日にバッキンガム宮殿で行われたガーデン・パーティにて、昨年10月に中国から習近平首相が英国訪問中、保安を監督していた、ドルシ警視庁司令官が女王に紹介された場面では、こんな会話があったことが公開されました。

まず、宮殿の担当者から、こちらがドルシ司令官です。と紹介されると、
女王:「ま、それは運が悪かったこと。」というお言葉で会話が始まる。

ドルシ司令官:「自分の力をふりしぼって、なんとか指揮を貫徹いたしましたが、まじめな話、正直言って、中国人によって徐々に足元をすくわれていくような感じでした」と続く。

ドルシ司令官:
「陛下はご存じかどうかわかりませんが、私は高等司令官なのですが、あれは、私にとってかなりの試練の時間でした。」

女王:「それはわかっています。」

ドルシ司令官:
「彼らがランカスター・ハウス(会議場)から出てきた時、この旅行は終わったと聞かされ、私もそう感じました。」

女王:
「中国側は、英国の駐在大使に対して非常に失礼な扱いでしたね。」

ドルシ司令官:
「失礼でした。 彼らは非常に失礼であり、非外交的であったと思っております。」

女王:
それは「驚くわね」。


(写真: http://www.straitstimes.com/から引用)
先日のパナマ文書スキャンダルの後に、ロンドンで各国首脳を迎えて開かれた汚職撲滅サミット時に、女王やカンタベリー英国教会大司教ジャスティン・ウェルビーたちと雑談を交わしていたデイビッド・キャメロン首相は、「素晴らしく汚職に満ちた国ですよ。」とナイジェリアとアフガニスタンについて(カメラがまわっているのを知ってか知らずか)表現していました。これが、テレビカメラにしっかりおさめられていて、後日、ニュースとして流れてしまいました。

キャメロン:「今回、我々は素晴らしく退廃した国の首脳陣を迎えています、… ナイジェリアとアフガニスタン、おそらく、この2つは世界中で最も腐敗した国ですよ。」

この言葉を遮るように、カンタベリー大司教は、

大司教:「いや、実際、汚職をしているわけでもありませんよ。一生懸命にがんばっていますよ。」
と、ナイジェリアの大統領をフォロー。

しかし、議長のジョン・ベーコウ氏がそのあとに追い打ちをかけるが如く、

議長:「人々は、彼らが自己の費用を負担して来ていると仮定しますかね?」

この報道を受けて、昨年、「腐敗政治と戦う」ことを誓約に掲げて大統領に選ばれた、ナイジェリアのムハメド・ブハリ大統領は、「これを聞いて、ショックを受けた。」とのこと。
アフガニスタン当局者も、特徴描写が「不当である」と不快感を述べた。

この、キャメロン首相というのは、メディアに無防備なところがある人なのか、よくこういった失敗をしでかす。日本の政治家のような致命的な失言はしないのだが、どうも周りを気にせずに割と思ったことを口にしてしまう人らしい。

昨年、キャメロン首相は、イングランド北部のヨークシャーの住民について、「お互いを憎み合っている人々」という極端な表現をして物議をかもした。2人の代表的なヨークシャ出身のクリケット選手を例に出し、「ヨークシャ人というのは彼ら以外の他の人が嫌なのかと思っていたのですよ。彼らがヨークシャ人同士がとっても嫌だったとはね。」
この件は、クリケット選手たちが「冗談のひとつだ」ととらえて大事にはならなかった。

また、最近では、首相が女王にスコットランドの独立国民投票結果(「独立を望まない」が過半数に達したという結果)を話すと、女王が非常に上機嫌でその喜びを語ったという、ふたりの仲睦まじい様子を、撮られたこともある。

これらすべては、王家の人々や政治家などのプライベートな会話であり、公式に発表されるべき記録ではない。通常、明け透けに一般大衆の目にさらされるようなものではないのだが、イギリスの報道はときどきこういったものをニュース番組で流す。うがった見方をすれば、裏に政治的な意図があるようにも見えるのかもしれないが、我々がこういうものにふれるにつけ、王室や政治家に親近感のようなものが生まれてくるのは間違いないと感じる。今も健在の英国王室人気や国民の政治に対する関心度などは、こういうオープンな報道体制がひとつの原因だと私は考えている。

20数年住み慣れたロンドンを離れて昨年の暮れからルーマニアのブカレストに転居。今回、夫がルーマニア勤務になったため、現在は、結婚以来やったことのないまさかの専業主婦に。 FBで暇つぶしにブカレストの生活を愚痴っていたら、友人から「おもしろいからブログでも書いてみたら?」と勧められ、書き始める。 1日も早いブカレスト脱出を夢見ながら、徒然なるままに。。。。