’12水中ロボコンinJAMSTEC

  by みきぱぱ  Tags :  

水中ロボット

去る3月10、11日、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の潜水プールで、’12水中ロボットコンベンションin JAMSTECが開催された。水中ロボットとは文字通り水中を動きまわり、映像の撮影や水中の物体の計測などを行うロボットである。

普段目にする陸上の2足歩行ロボットとは、かなり異なる形状をしている。それは水圧に耐えることと、水の抵抗をできるだけ軽減し、スムーズに水中を動けるように配慮したためである。水中ロボット本体は円筒形か球形で、船と同じスクリューを水平方向と垂直方向に装備している。それ以外にも魚やエイなど水中生物の形状を真似た水中ロボットも作られている。

魚型ロボット

水中ロボコンは高校生、大学生、社会人を対象として、水中ロボット技術の交流を目的に開催されている、展示会(コンベンション)である。2006年神戸で開催されてから、ほぼ毎年、神戸と関東圏で開催されている。

水中ロボットの形状や重量(ただし人力で持ち上がる程度まで)は自由なので、毎回ユニークなロボットが参加する。開催当初は課題コースを完走するどころか、エントリーしても動かないロボットもあったが、最近では課題コースをクリアできるロボットも出てきている。

水中では、潜水艦映画でよく見るように、ちょっとした隙からでも水が侵入してくるので、水中ロボットの製作には水密の技術が大事である。陸上では動いたのに、いざ水中に入れると動かなくなるというのは、実際の現場でもよくあることで、水中技術は水との戦いといってもいいだろう。

しかし、そこに面白みを見つけてくれることが出来れば、主催者側としても嬉しい限りで、実際参加してくれる学生たちの表情は失敗しても明るいし、楽しそうにメンテナンスを行なっている。この水中ロボコンが、参加した学生たちにとって貴重な経験になることを願う。

興味のある方は下記サイトをご覧頂きたい。

水中ロボコン推進会議ホームページ

昔水中ロボットのオペレーターをしていた縁で、水中ロボコンの実行委員をしています。私のブログは海や船に関係する記事が中心ですが、動くものならなんでも好きです。日本科学技術ジャーナリスト会議会員

ウェブサイト: http://aquarobo.com/index.htm http://jastj.jp/ http://aquamodelers.com/index.html

Twitter: 340855644

Facebook: 100002085226836