【フジコのポケッコ*ビスケッコ】4月号

ホコっとフジコの心に出現しては、ポケットの中のビスケットのように増えては消えて行くデキゴトを連載しております。

【フジコのポケッコ*ビスケッコ】 
今、世の中に足りない物は何だろう、「ホコっとした気持ちを認識する力」なのでは?!
「ホコっ」とは、優しい気持ちが生まれる時の音です。その「ホコっ」は大抵小さすぎてすぐに忘れてしまう程度のモノですが、こんな小さなホコっとを定期的にお届けすることによって、世の中に何か変化が生まれる?!といった検証実験も兼ねております。

今月のホコっと vol.4 「タクシーの運転手さんにアドバイスをする娘」


先日タクシーに乗った際、助手席の後ろに貼ってある運転手さんの顔写真を見つけて、「コレなにせんせい?」と私に聞く娘。
どうやら保育園の玄関に貼ってある顔写真付きの先生紹介の掲示物に似ている為、それと同じだと思った様子。
私が「タクシーの運転手さんだよ」と答えると、「なにさん?おなまえは?」と聞いてくるので「ほどがたさんて読むんじゃない?」と答えると、
それを聞いていた運転手さんが「そうです、珍しい名前でしょ?女の子だねえ、おしゃべり上手だねえ」と返してくれました。
それを聞いた娘は「そうだよ、すうちゃん(むすめのことです)おんのこだよ、ほどがたさんはおとこのこ?」と聞くので、
運転手さんがとまどっていたので私が「そうだね、運転手さんは男の子だね」というと、「おとこのこだから、まえむいておトイレするんだよ」と
運転手さんにアドバイスしていました。最近保育園の組が一つお姉さんになり、おトイレに男子用の便器があり、男の子はたっておしっこできるのが凄く
羨ましいようで、「すうちゃんもやりたいなあ」と言っていたから、男の子=前向きで立って出来る!という思考のようです。

日体大出身という異色の経歴をもつ、ほっこりおまかせイラストレーター。1月末に自由国民社から出版の、東京オリンピックまでのおもてなし本「外国語ができなくてもおもてなしできる」のオールイラストを担当。およそ300カットのイラスト満載の楽しい本は絶賛販売中で、御陰様の2月に重版出来!4歳の娘の育児とイラスト活動と児童指導経験を活かした幼児親子向けのワークショップなど。日々のほっこりをブログに載せたりつぶやいたり。南林間乙女マガジン「りん子」を季刊で発行。イラストのご依頼などお問合せもウェブサイトよりお気軽にお待ちしております。

ウェブサイト: http://fujico.konjiki.jp/

Twitter: @fujico_co

Facebook: fujico.fujidana