相模原で一番美味しい『沖縄そば 』を見つけたので報告したい @『琉』神奈川県相模原市

  by YELLOW  Tags :  

さりげなく”にわか沖縄マニア”の筆者ですが、なかなか本格的な沖縄料理を相模原で食べる事が出来ません。

と、言う訳で『榮倉奈々』さんと共に相模原観光大使の座を狙う筆者が、相模原で一番美味しい『沖縄そば』の食べられる店を紹介してみましょう。

超本格的沖縄料理が食べられる『琉』(RYU)

まず、この『琉』の存在を知っている沖縄マニアが、どんだけ相模原に居るのかって話ですが、ほぼ皆無と言っても過言ではないでしょう。

相模原市役所の近くにあるのですが、結構地味な外観と言う事もあり、ほとんどの人は車で通ってもスルーしてしまう予感で御座います。

しかし!

この『琉』から沖縄の臭いを感じた筆者は、なんの前調べも無く飛び込んでみました。

ほぼスナックな内装の『琉』

沖縄料理の店なのに、どう見てもスナックな『琉』ですが、恐らくスナックの居抜き店舗を、そのまま受け継いだと思われます。

この沖縄模様のファブリックを無くしたら、誰もココが沖縄料理の店だとは思わないでしょう。

しかし!

筆者は店の片隅にある”三線”(沖縄の三味線)と”自家製コーレーグース”を見て、この店なら安心して沖縄料理をオーダー出来ると確信しました。

このダイナミックな”コーレーグース”の作り方からして、この店の沖縄度数は半端ないと思って間違いないでしょう。

マシマシの設定がある『琉』

さらに注目すべきは、何故か『沖縄そば』なのに増し増し(マシマシ)の設定がある事は特筆に値すべき案件でしょうか?

しかも「じゅーしー お替わりOK」と言う太っ腹なサービスも並行して展開している模様。これは神店の予感です。

しかし!

残念な事に筆者が訪れたのは夜だったので、絶望に明け暮れ涙すると思われたのですが、意気消沈する筆者にママが

「安心して下さい、ランチも頼めますよ」

と声を掛けてくれました。

いや、だったらそこは「日替わりサービス」にネーミングチェンジした方が分かりやすいんじゃなかろうか? ……みたいな疑問はありますが、結果”マシマシ”になったんで良しとしましょう。

全俺が歓喜した瞬間で御座います。

本物の『沖縄そば』に感動した!

まず『沖縄そば』と『そーきそば』の違いを解説する必要があるでしょうか?

『沖縄そば』は豚のバラ肉、そして『そーきそば』は”そーき”(豚の軟骨付きバラ肉)となっております。

スープや麺などの構成はどちらも同じですが、やはり筆者的には『そーきそば』をプッシュしたいですね。

結果、こんな感じの”そーき”がドーンと乗った『沖縄そば』が運ばれて来ました。

「そーきそばやないか~い!」

みたいな突っ込みをせざるを得ない案件ですが、普通に豚のバラ肉も入っていたので『沖縄そば』としても正解かもしれません。

この柔らかく煮込まれた”そーき”は、確実にラーメンに添えられるチャーシューよりも美味しいと思う筆者で御座います。

相模原で本物の『沖縄そば』が味わえるだと?

ラーメンと違いスープと言うか出汁に特徴のある『沖縄そば』ですが、やはりこのスープは最高ですね。

基本は豚出汁と鰹出汁のダブルスープですが、ラーメンのソレと比べるとサッパリした薄味になっています。

なので、筆者的には「今日はラーメンは重いな~」みたいな気分の時は、さらっと『沖縄そば』を食べると満たされるのです。

いや、むしろ下手な塩ラーメンを食べるなら、確実に『沖縄そば』を欲すると言っておきましょう。

『沖縄そば』は麺が命!

さらに沖縄の『沖縄そば』の特徴と言えるのが、この麺でしょうか?

一口に『沖縄そば』の麺と言っても、実は何気に地域で麺の形状が違ったりするのも深い所ですね。

この『琉』は平打ち縮れ麺なので沖縄本島の北部辺りと思われます。

この麺が、また良いんですよねぇ。ラーメンばかり食べている筆者ですが、時々無性に食べたくなる味です。

具材も本格的である!

にわか沖縄マニア目線だと「かまぼこの有無」は気になりますが、替わりに”厚焼き玉子”的な何かが入っているので問題なしと判断しました。

「卵とポーク(スパム)で育った」

と言われるくらいですので、この『沖縄そば』に厚焼き玉子は有りですね。しかも沖縄らしく、表面が油でカリっと焼かれているのが本物を感じさせます。

紅ショウガとネギも多めだし、この『琉』の『沖縄そば』は完成度が高いと思います。

『じゅーしー』も旨し!

筆者はあくまで”にわか沖縄マニア”なので『じゅーしー』とか意味不明だったのですが、どうやら沖縄の”炊き込み御飯”的な何かと思われます。

増し増しなので麺も多く、この『じゅーしー』も食べられたので、流石の筆者も満腹で御座います。

御馳走でした!

『沖縄そば』 総評

と、言う訳で久しぶりに本格的な、もとい本物の『沖縄そば』を食べたのですが、やはり美味しいですね。

ラーメンよりも脂が少ないので、サッパリ食べられるのもポイントですが、やはり沖縄の麺と豚と鰹による出汁の相性が抜群なのが肝と見ました。

この『琉』は食材のほとんどを沖縄から仕入れ、本物の沖縄料理にコダワッタ店で、その味も沖縄100%だと思います。

これなら相模原に住まう沖縄の人達にも、自信を持ってオススメ出来る店だと確信しました。

是非、『榮倉奈々』さんも帰省した時には、この『琉』の『沖縄そば』を味わって欲しいです。

しかし!

あまりに微妙な立地と内装の為、その知名度は相当に低いので気になる人は早めに訪れてあげて下さい。

本格的な沖縄料理にきっと満足出来ると思いますよ。

『琉』(RYU)

神奈川県相模原市中央区中央2-3-14

営業時間 11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:日曜祝日

酒と料理に情熱と脂肪を燃やすフリーライター ”日の丸構図で寄りまくる!”と言う素人写真を武器に暗躍する。美味しい料理を世界にバラ撒く”飯テロリスト”として各国の情報機関にブックマークされたが反省はしていない。 取材依頼(新店舗、新メニューのPR)その他記事の執筆依頼は下記のメールアドレスまでお願いします! mc_yellow@nifty.com なんとなく作ったサイトも絶賛稼働中! http://foodnews.jp/

ウェブサイト: http://foodnews.jp/

Twitter: mossberg835