【独女に朗報?!】2025年には男いらずの生活へ?!

未来学者のイアン・ピアーソン氏曰く、「2025年までに、ヒューマノイドロボットとのセックスは、人と人とのセックスを越えて、一般的なものになるだろう。」この提言は、イギリスのセックストイ店舗の第一人者であるBondaraと共同で発表された。

はい、複雑ですね。
先日も、男性向けのセックスロボットが年内にも発売されるとかなんとかで騒いでましたけど。
結論からいくと、

た ぶ ん 使 わ な い ぞ

っていう。

実用性について


筆者も、地球上の女性全員に聞いて回ったわけじゃないので、
断言はできませんけど、
セックスに快楽だけを求める女性って、たぶん少数派だと思います。

乙女趣味だの少女趣味だの言われるかもしれないですけど、
なんだかんだ、みんな自分が好きな人としたいと思いますよ。

たとえこのロボットが生身の男性より緻密に計算されたデータによってすごいテクニックをもっていたとしても。

でね、まず置き場所に困るし。
衛生面とかどうなの、と。
もし壊れたり、寿命が来たらどやって捨てるの、と。

こんなロボットに何十万も出すくらいなら、
生身の男性のほうがよっぽど変な人じゃない限り、
初期費用(自分をかわいく見せるとかのネイルとかエステ除く)タダでしょう。
なんなら、記念日にはプレゼントとか花とか送ってくれるんじゃないの、と。

少子化問題

こんなロボットあってもなくても、少子化問題は変わらないですぞ。
男性の価値観で出来上がってる社会で
「子供産んでブランクあるやつが」とか
「子供いるから短縮勤務かよ」みたいな
価値観が変わらない限り、変わりませんからね。

こういうところはロボットは無関係ですからー!!

それでも、少子化がどうのこうのって言う男性は、
まず自分の奥さんのことをよーく考えてみるべき。
一番身近なサンプルですからね。
次に、自分のお母さんのことを考えてみましょう。

結論

仕事で疲れて帰って、部屋の片隅にいたら怖いし、
邪魔臭いし、使う人は少数派なんじゃないですか。

以上です(・∀・)

【写真】
1、2 http://www.outajamaica.com/uncategorized/sex-robots-are-being-made-to-replace-men-by-2025/より

【参考URL】
http://www.outajamaica.com/uncategorized/sex-robots-are-being-made-to-replace-men-by-2025/
http://www.cinemablend.com/pop/Sex-Robot-Future-Here-We-re-Little-Scared-72454.html

『金なし 職なし 男なし』三十路界のヘレン・ケラー 辛いことも笑いに昇華し、いつの日か親に家を買う日を夢見て日々奮闘いたします。 【日々是白目】 北海道/アラサー/白目/肉/バンド/中国語/英語/韓国語/ダイエット/美肌/美白/美脚/歴史/考古学/建築/お笑い/スイーツ/Wワークなど

ウェブサイト: https://note.mu/blacksky

Twitter: blackkuroshazhi

Facebook: blackkuroshazhi