また会えると良いなリブロ池袋本店

  by アルナオ  Tags :  



2015年7月20日21時23分、閉店時間を20分以上過ぎているにもかかわらず、大勢に囲まれた中で行われた最後の挨拶で40年の歴史を誇るリブロ池袋本店が閉店しました。

20年ほど前、大学進学のため上京してきて通い始めたのがきっかけでした。
当時は本を購入してポイントがつくのは一般的でなく、セゾンカードとクラブオンの2種類でポイントを貯めることが出来るのは魅力でした。西武池袋駅からすぐなのも大きな魅力です。
在学中にジュンク堂書店が開店し、池袋で寄り道しては両方の書店に通いつめていました。ジュンク堂書店の品揃えは豊富なのですが、ついついリブロで購入することが多かった思い出があります。リブロのほうが売り場が狭いのですが、その中でも面白い本が見つかることがあり、時間がないときなどには重宝しました。

リブロの跡地には西武池袋店9Fで営業している三省堂書店が追加で出店するとの報道があります。どのような書店になるか気になるところですが、最後の挨拶でも池袋で再起を図りたいという発言があったように、新生リブロに興味が沸いています。

リブロ池袋本店の皆様、長い間御疲れさまでした。しばらくは近所のリブロで過ごすとして、再起したら通いたいと思っています。

何でもかんでも競馬に例えてしまうのが悪い癖なので、競馬は門外漢という皆様には読みにくいかもしれません。逆に競馬好きの皆様は法律経済のあたりがわかりやすくなるかも?