【武道便所】貼り紙アラカルト

  by 千徒馬丁  Tags :  


とある企業のトイレを借りた時、個室に入ってカギをかけ用を足すために座ると、今しがた閉めたドアにこんな貼り紙があった。

ひとりで悩んでいませんか?

職場内でセクハラを受けている、上司から人格を否定するようなことを言われているなど、弱い立場の社員が抱える問題を箇条書きにしてあり、言葉の暴力の例を挙げ、悩んでいるのならば相談せよと内線番号が書かれてあった。

…イヤだ。

内線で職場の相談なんてしたくない。
内線で上司のセクハラを相談したくない。
人格を否定されていると言いたくない、内線では。
そう思っているのは私だけなのだろうか。
私は用を足しながら考えた。
トイレの貼り紙はおのれの精神鍛練の啓示に違いない。

お忘れではないですか


私の性別は女なので、この画像を撮っているのが私自身だから、当然だが女子便所の個室に入っている。

けれども、忘れ物の種類はどうやらどちらも紳士物の模様である。

皆様へ


ナースのイラストのタッチをどうして変えたのだろう。
ものすごくナースだけが薄い。
ナースだけ実在の人物ではなさそうだ。

ちょっと注意するけど、言ってるそばから貼り紙がさっそく汚い。

私の目の錯覚かもしれないが、便器に大量の札束が流されようとしていないか。

私が思っている順番で見ると、左が『新聞』真ん中が『雑誌』なので、自動的に靴下が汚物ということになる。
いいのか、今どきちり紙で。

このトイレは一体なにがどうなっているんだ。
そんなに治安が悪いのかこの空間は。

便所の貼り紙に注目せよ。
日本は、平和だ。
押忍!

※全画像筆者撮影

サルコイドーシス(以下:サル)を患うこと早3年目。そろそろ人間になっているかと思いきや直近の経過観察でもまだサル。しつこいぞ、サル。いつまでだ、サル。 プロフィールのイラストは、入院中の暇つぶしに院内をウロチョロしていた時に知り合った職業が元美少女エロ漫画家の山田課長が、サルの病名普及のためペペペーと描いてくれました。 そんなわけでね、今日はよかったら名前だけでもおぼえて帰ってくださいね、特定疾患治療研究事業対象疾患『サルコイドーシス』略してサル、難病です☆

ウェブサイト: http://jimeichiha.exblog.jp/