簪-KANZASHI-考

ご無沙汰しております。
黒でございます。

外国人に囲まれて生活しておりますと、
「黒さんってとっても日本人らしいよね!」と言われることがあります。
その要因の一つが、奥二重のあっさりしょうゆ味弥生顔なんだと思います。
そして、人生の6分の5以上をベリーショートで駆け抜けてきた私ですが、
ここ2、3年、ロングヘアーになっております。
なんのカラーもしていない真っ黒な長髪が「日本人らしい」ようです。

と、いうことで以前から噂に聞いていた「簪(かんざし)」を上手に使って
邪魔くさい髪の毛をまとめてスッキリしようと思い購入いたしました。

ファースト簪の購入


claire’s 札幌ポールタウン店にて、2本セットで504円(税込)で購入。
なんか、とってもお箸感。
ファーストかんざしとしてはまぁいいんじゃないでしょうか。

実践

そして、調べるまとめ方。
「かんざし まとめ方」で検索をかけると、
YouTubeから個人のサイトから、出るわ出るわ。

その中で初心者にわかりやすそうだった
http://matome.naver.jp/odai/2137552670280344001
こちらのまとめサイトを参考に挑戦してみました。

ねじる


ねじる。とりあえずねじる。2、3回ねじる。
これぐらいならいくら不器用とはいえできるさ。

かんざしを半回転させて固定


あら、かんざしがあっちむいてる。


え。今度は下向いてる。


なんとか見本っぽくなった??

感想

今回、ほんの思いつきで簪デビューしてみましたが、
不器用な私でもねじって刺すだけで髪の毛まとまりました。
たぶんこれは慣れるうちに
もっと短い時間でさっときれいにまとまるようになるはず。
せっかくなので日本文化をインバウンドのみなさんに見て喜んでもらうために
これからも練習して行こうかと思います。

今度は歴史なんかも調べてみましょうかね。

以上です。

【写真1】ポーラ文化研究所より 20150521取得 (http://www.po-holdings.co.jp/csr/culture/bunken/reading/43.html)
【写真2から6】筆者撮影

『金なし 職なし 男なし』三十路界のヘレン・ケラー 辛いことも笑いに昇華し、いつの日か親に家を買う日を夢見て日々奮闘いたします。 【日々是白目】 北海道/アラサー/白目/肉/バンド/中国語/英語/韓国語/ダイエット/美肌/美白/美脚/歴史/考古学/建築/お笑い/スイーツ/Wワークなど

ウェブサイト: https://note.mu/blacksky

Twitter: blackkuroshazhi

Facebook: blackkuroshazhi