メール便がなくなっても大丈夫! 日本郵政の注目代替サービス

  by terasakiryo  Tags :  


ヤマト運輸がメール便の代わりに新しく始めた『宅急便コンパクト』はあまりコスパが良くないんですよね。

なので、本稿では郵便局が提供しているサービスを取り上げます。

メール便で送っていたような薄い書類から、厚み・重量のある内容物を送るものまで、6つの方法を比較してみました。

なお、本文中の『信書』は定義が曖昧で非常に分かりにくいので、郵便局公式サイト( http://www.post.japanpost.jp/question/57.html )を参照してください。

あと、全サービスポスト投函OK、現金送付不可です。
 

パスポケット

・価格:360円均一
・大きさの上限:34×25×3.5cm
・重さの上限:1kg

切手支払い可。
着払い可。
追跡サービスあり。
信書不可。
賠償なし。

レターパック

・価格:360 or 510円均一
・大きさの上限:A4サイズ。厚さは3cmまで、もしくは3cm超も可。
・重さの上限:4kg

信書可。
追跡サービスあり。
賠償なし。

ゆうメール

・価格:180~610円
・大きさの上限:3辺の合計が170cm
・重さの上限:3kg

書留なら賠償あり。
内容物が見えるように封をする必要あり。
信書不可。

クリックポスト

・価格:164円均一
・大きさの上限:34×25×3cm
・重さの上限:1kg

『Yahoo! JAPAN ID』が必要。
決済方法は『Yahoo! ウォレット』のみ。
追跡サービスあり。
賠償なし。
信書不可。

ミニレター(郵便書簡)

・価格:62円均一
・大きさの上限:はがきの3倍のスペースを持った封筒兼用の便せん
・重さの上限:25g

信書可。
書留なら賠償・追跡サービスあり。

定形外郵便物

・価格:~50g 120円、~100g 140円(一例)
・大きさの上限:3辺の合計が90cm(長辺は60cmまで)
・重さの上限:4kg

信書可。
書留なら賠償・追跡サービスあり。
 

以上がサービスの内容です。

誤記・記載漏れはないと思いますが、利用の際は公式サイトのチェックをお願い致します。
 

画像は写真ACより http://www.photo-ac.com/

TABROID( http://www.tabroid.jp/ )での執筆経験があります。スマホアプリのレビュー記事を書いておりました。

ウェブサイト: http://b.hatena.ne.jp/genkiegao/bookmark