年末年始に頻発注意!肝性脳症の人に起きた10のこと

  by 丸野裕行  Tags :  

どうもどうも、ライターの丸野裕行です。

大好評(?)の誰も知らない病の数々! 今回は、記憶もなく引き起ってしまう“肝性脳症”の恐ろしさについて記してみたいと思います。お酒を飲んだり暴食しがちなこのシーズンに頻発するらしいので注意が必要ですね。

無事な一年にするためにも、肝性脳症の怖さについて、確認していきましょう。

原因は様々だが、アンモニアが脳に混乱をきたす

肝性脳症の原因はいろいろとありますが、全身の有害物質のひとつであるアンモニアと、体内にあるアミノ酸のバランス異常が原因とまでいわれています。

多くの原因は、アンモニアなどの物質が脳にたまることです。

これはお酒の飲み過ぎで、肝硬変が急に進行したり、劇症肝炎を起こしたときに現れる、意識障害などの精神神経症状をいいます。

当の本人からすると、発症時のことを振り返っても何も覚えてはおらず記憶がない状態

肝臓の機能が著しく低下すると、体の毒素であるアンモニアが肝臓で解毒されずに、血中に流れ出して、血液のアンモニア濃度が急上昇します。その毒素が、脳にまで達してしまって、脳症を発症してしまうんですね。

さらにアミノ酸のバランスまで崩れるのも危険

アミノ酸というものも私たちの体にとって、必要不可欠なもの。皮膚や血管、内臓、筋肉などを作るたんぱく質を構成する物質のことです。

密接な関係にあるアミノ酸と肝臓も、肝臓の機能低下で、血中のアミノ酸バランスが崩れます。こちらも崩れたアミノ酸バランスが、脳に悪影響を及ぼして、肝性脳症を発症することがあるんです。

肝性脳症で起こること~第Iフェーズ~ 頭がボ~ッとしている

《症状》
・睡眠リズムの昼夜が逆転
……深夜に眠れずに、朝起きてから眠くなるようなバランス感覚になる

・状況を理解できない幸福感
……自分が現実世界にいないような感覚になって、幸せを感じてしまう

・どんどんと生活がだらしなくなってくる
……「誰に見られてもいい」と、羞恥心や自戒する感情がなくなってくる、だらしない生活になってくる

肝性脳症で起こること~第IIフェーズ~ 自分のいる場所がわかっていない

《症状》
・時間や自分がいる場所がわからなくなる
……記憶が吹き飛んで、自分が待ち合わせている場所や時間、相手などもわからなくなってくる

・物を取り違える
……自分はパンツだと思っているのだが、シャツを無理やり着ようとしたりする

・異常行動
……お金をゴミ箱に捨てたり、大切な物をすべて捨てるなどのおかしな行動をしてしまう

・常に眠りがちでうとうとする
……目がうつろで、気を抜くと眠ってしまう

肝性脳症で起こること~第IIIフェーズ~ 意識が混濁して救急搬送される

《症状》
・興奮した状態で意識が混濁している
……反抗的態度や反社会的な態度だが、意識の混濁で自分自身がよくわかっていない

・ほとんど昏睡状態
……半分眠っているような状態で目が半開きになっているような昏睡

・外的刺激で反応はあるが、自分がどのような状態なのかわからない
……医師からの声掛けや点滴などの刺激に反応できるが、意識がもうろうとしている状態で眠っている

肝性脳症で起こること~第IVフェーズ~ 意識がまったくなくなる

《症状》
・昏睡(意識消失)
……意識がまったくなくなる

・刺激には一応は反応する
……医師の声掛けなどには反応するが、眠ったままの状態になる

肝性脳症で起こること~第Vフェーズ~ どんなことにも反応しなくなる

《症状》
・深めの昏睡
……数日間眠ったまま意識がなくなるようになる

・刺激にも反応しない
……どんなに声掛けしようとも何の反応もなく、眠り続けたままの状態になる

早めに治療しないと目が覚めることがなくなる

昏睡度合いに沿って、即刻治療をスタートしないと手遅れになってしまうのが、肝性脳症という病です。

肝性脳症肝性脳症の治療には、進行具合により、いろいろな治療法があります。

・栄養療法
過剰摂取したたんぱく質は、肝性脳症発症のリスクが高いので、制限が求められます。さらに、便秘は肝性脳症を引き起こしやすくなるので、下剤などの投与も開始します。

・合成二糖類製剤などの薬品
腸内で発生するアンモニアの吸収を抑えなければいけないので、血中のアンモニアを低下させる薬になります。さらに、アミノ酸のバランスを整えるために、特殊組成アミノ酸製剤なども使用します。さらに、アンモニア発生の原因を除去する難吸収性抗菌薬も有効です。

肝性脳症の早期発見ポイント

肝性脳症の早期発見には、患者の訴えと一緒に住む家族の「あれ、なんかこの人おかしいな……」という情報が重要になります。
肝性脳症の症状が一切なく、一見正常に見える人でも、検査を行ったときに肝性脳症が見つかることがあります。

なんか、最近おかしいな……と思ったあなた、直ちに専門医への受診をオススメします。

(C)写真AC

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『丸野裕行の裏ネタJournal』や『初めての不動産投資マガジン』『神戸製薬株式会社present's NEOYAG』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンジャポ』、テレビ朝日『EXD44』『ワイドスクランブル』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』、東京MX『5時に夢中!』などのテレビなどで活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 執筆・テレビ出演・お仕事のご依頼は、丸野裕行公式サイト『裏ネタJournal』から↓ ↓ ↓

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Twitter: https://twitter

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5