英会話スクールより、英語の本を何度も何度も繰り返し読む読解力を大切にしたほうが、英語の習得は早い

  by あおぞら  Tags :  

語学の才能がある人ってアメリカ留学しなくても、日本に居ながらにして英語を習得できるのですね。例えば小林克也さんは小学生の頃、岩国基地からの極東放送(FEN)を耳にしたことをきっかけに、英語を日本で身につけました。

またYoutubeでは、ネイティブ並みの綺麗な発音の日本女性が、アメリカ留学をせずに日本で英語を話せるようになったという動画も見ました。

これらの人たちは稀有な人たちだと思います。もう一回、稀有な人たちです!

日本の英会話スクールに通い英語を習得しようとするのは、そもそも無理があると思います。それに日本に生活して英語を話す機会もそれほどなければ、その話す機会のない言語を学ぶためにお金と時間をかけるのは無駄なような気がしています。

それより、もし、本気で英語を学びたいと思うのなら、英会話より読解力をつけた方が確実だと思います。英語は話せるのに英語を読むのが苦手な人がいます。

これは感覚で英語を学び、なんとなく発音も上手く、ブロークンイングリッシュでも英語はあくまでコミュニケーションの手段なので、通じればいいと言う感覚なので、文字から入っていない英語の基礎の部分では弱いのです。

英語の本を読んでみることをお薦めします。なんどもなんども読み返すのです。そして、辞書で知らない単語は調べるという、基本をきちんと実践することです。本からの英語は文法もきちんとしているので、英語の学びが確実です。

高学歴の人たちは英会話が苦手でも読解力があるので英語の基礎が出来ています。その為、会話も続けていれば習得期間は早く、読み書き話すの三本柱で学んでいくので力がついていくのです。

ただ、やはり日本に生活している中で英語を学ぶのは労多くして易少なしのような印象を受けます。努力の割には報われないことが多いからです。

日進月歩の進化で今は翻訳機も随分と改善されているようです。海外旅行の際はそれらを利用してもいいですし、これからは英語を話せなくても、翻訳機があれば簡単な会話は十分可能です。

英語を話すことより、日本語をきちんと話す方が大切です。

これは『国家の品格』という大ベストセラーの著者であり数学者の藤原正彦さんが、日本語の大切さを声高に言われております。また、かつての職場の上司で日本語、英語、スペイン語、中国語を話す方曰く、英語はそれほど重要ではないと仰いました。元上司には当時中学生の二人のお子さんがいらして、お父様がこれだけの語学の達人なので、お子さん方も簡単に英語を身に着けているのだろうとお聞きしてみたところ、子供たちは英語は話せないと仰るのです。日本語学校に通わせているので英語を話さなくても問題はないと。

数学者の藤原正彦さんもアメリカとイギリスで教えていたくらいですから、英語は難なくお話しになりますが、その方も英語より日本語と仰います。

確かにアメリカにいる日本人で、英語はアメリカ人並みに話せても、母国語の日本語がなんともお粗末な人たちがいます。

英語が出来れば便利なのはわかりますが、時間とお金をかけて使わないものを学ぶのは後々無駄だったと思う人の方が多いかもしれません。

もし、留学したり、駐在で英語圏に赴任するようになったら、実地で覚えていけばいいのです。ただ、日本でお金をかけずに英語の基礎が学べる読解力は身に着けていると、英語の習得時間の短縮が出来ますし、英語の基礎が学べます。

何事も基礎が大事ですね。

画像: from flickr
https://www.flickr.com/photos/[email protected]/8658895983/sizes/m/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro