夏野菜カレー幸せのレシピ

  by あおぞら  Tags :  

 

野菜が体にいいのはわかっていますが、どのようにすればバランスよく美味しく食べられるのでしょうか?夏がやってきます。夏野菜の美味しい季節です。夏野菜は字の如く夏に収穫され栄養価が高く夏バテにきくとされています。ナス、トマト、ピーマン、ズッキーニ、オクラ、トウモロコシなど等です。

 

これらを使って夏野菜カレーを作ってみましょう。市販のカレールーを使用しますが、ちょっと一工夫すれば味わい深くいただけます。それは夏野菜を炒める時にクミンシードチリパウダーターメリックを使うのです。これらが市販のカレールーを変化させてくれます。ついでにショウガの摩り下ろしもあれば尚よしです。

 

・熱した鍋にオリーブオイルを入れ、クミンシードを入れ香りを出します。

・これにみじん切りにしたたまねぎ(個人の好みでスライスでもOK)を入れ炒めます。

・その後に人参、ナス、トマト、ブロッコリー、ピーマン等手持ちの野菜を入れていきます。

・全体的に炒めたらチリパウダーとターメリックを振り掛けて炒めます。

・適量の水とショウガの摩り下ろしとカレールー、そしてコンソメの固形を隠し味で入れます。

 

こんな感じでいいのです。野菜中心のカレーは健康的で特に夏野菜を使うことで精神的なパワーを感じます。野菜中心のカレーですからカレールーは脇役です。しかし、市販のカレールーであってもクミンシードやターメリックを使ってますので家庭のカレーより本格的です。

 

ジャガイモは入れないほうが夏野菜を際立たせると思うのです。カレーと言うより野菜の煮物のカレー味と思えるほどの野菜中心です。

 

鍋の中でオリーブオイルで炒められる夏野菜の鮮やか色とそのコントラスト。赤い人参、たまねぎの半透明の白、ナスの紫、ピーマンの濃い緑、赤いトマト、ブロッコリーもこれまた濃い緑。これらがターメリックでカレーの色に変化してそれぞれの野菜の原色からカレー色に染め上げられます。

 

思いを込めて、願掛けカレーのように『幸せになれますように…..』と祈りながら作り上げる夏野菜のカレーは幸せのレシピのひとつです。

 

画像: from flickr YAHOO!

http://www.flickr.com/photos/lollyknit/3093834414/

 

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro