コースは自由。ゴールで乾杯。楽しすぎるランニングイベントRuntrip viaが関西初上陸!

2月3日、節分。大阪でシティランニングイベント『Runtrip via(ラントリップビア)』が開催。ゴールとなる中之島漁港(なかのしまぎょこう)へと、参加ランナーはそれぞれ好きな場所から、思い思いのタイミングでスタートしました。

ん?各自が好きな場所からスタート?
そう。このランニングイベント。普通のランニングイベントとは少し違います!

スタートもコースもない。あるのはゴールだけ

ランニングイベントRuntrip viaのルールは、いたってシンプル。イベントの名前にもなっているRuntrip viaというソーシャル系ランイベントアプリを起動し、好きなコースを走ってゴールである中之島漁港を目指す。たったそれだけ。

一般的なランニングイベントでは、スタートの場所と時間、走るコースなどが設定されていて、全員一斉スタートとなるのが普通。でも Runtrip viaは、走る距離さえもランナーの判断で自由に設定が可能。

走るのが嫌いだった人こそRuntrip via

とにかく自分の好きなペースで好きなように走れるのがRuntrip viaの魅力。自分に無理のない距離を無理のないペースで走れるので「運動不足は解消したいけど、学生時代以降まともに走ったことない」、「そもそも学校で無理やり走らされてランニングは嫌い」という方々にこそ、オススメのランニングイベント。

もちろんストイックに走るもよし、ほかの参加者とや友人と合流し、楽しくワイワイ楽しくゴールを目指すもよし。なんならコースほとんどを歩いても全く問題なし!

ゴール会場となる中之島漁港に到着すると「ナイスラン!」の掛け声とともに、ほかのランナーが出迎えてくれます。順位やタイムなんて関係なし。まずはゴールにたどり着いた喜びを分かちあいましょう!

スタートもコースも自由なランニングイベントと聞いて心配になるのが「ほかの参加者はどこを走っているのか?」ということ。

しかし心配はいりません。参加時に起動したRuntrip viaには、ゴール位置、自分の現在位置に加え、ほかの参加者の位置情報が表示されます。

ほかの参加者がゴールを目指すようすがリアルタイム変化で表示。ランナーを示す黄色い点がゴールに向かっていきます。

ちなみに、Runtrip viaは、ゴール後も自分が走ったコースがアプリ内に保存されているので、SNSに投稿して共有することも可能です。

その際には「#runtripvia」のタグをお忘れなく!

ゴールのあとにスタートがやってくるイベント

Runtrip viaでは、ゴールに入ってからが、ある意味でイベントの本番!イベントスタートとなる10時の30分ほど前から、ランナーがチラホラとゴール。午前10時には大半のランナーがゴールしイベントスタート。ドリンクによる乾杯で、ゴール後のパーティが開始。

ランナー同士の交流タイムとなります。

普通のイベントでは、初対面となる参加者同士の距離を近づけるために、アイスブレイクと呼ばれる簡単なゲームや自己紹介をして、緊張を解きほぐすのが一般的。しかし同じ日に同じゴールを目指した仲となるRuntrip viaにアイスブレイクは不要。

乾杯を終えるころには、会場はすでに交流ムード。

BBQで大いに盛り上がる会場では、主催者によるインタビューが始まり、今回もっとも長い距離を走ったランナーを探したり、各グループから1~2名のランナーをピックアップしてインタビューが行われ、さらにランナー同士の距離がグッと縮まります。

ちなみに今回のランナーの平均的な走行距離は3~5kmくらい。中には14kmを走りぬいたランナーも。また、過去のイベントでは、94㎞も走った強者もいたそうです(笑)

ゴールとなる会場は中之島漁港

Runtrip viaは、これまでに東京を中心に長野や石垣島などですでに30回以上開催し、今回の大阪開催で関西初上陸。記念すべき関西のゴール第1号には、中之島漁港が選ばれました。

中之島漁港は、大阪湾へと流れる安治川沿いにある鮮魚取引所。日本各地の漁港から活きたままの魚介類が運び込まれる水都大阪を代表するグルメスポット。ゴールで提供されるフードには、新鮮な魚介が贅沢に用意されました。

寒い時期を走りぬいたランナーを、まず温かく迎えたのが紅鮭の粕汁。

ゴロゴロ入った紅鮭の旨味が存分に溶け出し、寒い冬にピッタリの1杯となりました。

また、イベントが開催された2月3日はちょうど節分ということで恵方巻も提供。

もちろん、こちらも海鮮仕様の贅沢な一品。

さらにゴール後のパーティのメインフードとなるBBQは、ウィンナー、野菜盛りに加え、ハマグリと若松葉ガニという豪華な海鮮ラインナップ。

半身に切られた若松葉ガニをワイワイ食べれば、誰もがすっかりフレンドリー。

走った後に旨い酒とBBQこれで盛り上がらないワケはないというイベントとなり、あちこちで、どれくらい走ったのか、どんなコースを走ったのか、普段どれくらい走っているのか?次にこんなランニングイベントがありますよ。などさまざまな交流や情報交換が行われました。

このRuntrip viaでは、それぞれのランナーがどんなルートを走って来たかが話題の定番となりますが、今回は大阪でも特に水辺の景色が美しい中之島のコースだったので、ランナーがリバーサイドに集中。しかし、それはそれで、共有項目が増えたということで、盛り上がる要因となっていました。

競い争うランニングから誰もが楽しめるランニングへ

今回紹介したRuntrip viaのアプリ開発を行った、代表取締役の大森英一郎氏は、実は箱根駅伝を走ったことがあるほどのガチのランナー。

しかし、ランナーの現役時代に勝ちにこだわって、競って走るのがイヤになり、走ることの楽しさを知ってもらうために、順位なども全く存在しない楽しいランニングイベントを発案したそうです。

確かに、今回のイベントでは、Runtrip viaをきっかけに走り始めたランナーや、長らくランニングから遠のいていたランナーのランニング再開のきっかけとなったランナーも多く見かけました。

大森氏は今後さらなる展望として、日本全国でイベントを画策。今回と同じ中之島漁港での開催をすでに決定し、さらには関西でも定期的なイベント開催を計画中。京都のお寺や神社などをゴールに設定するなどの構想をしているとのこと。楽しいランニングイベントをきっかけにランナーの増加が増えそうな予感です。

イベント情報

イベント名:Runtrip via 中之島漁港
ゴール住所:大阪府大阪市西区川口2-9
問い合わせ先:[email protected]
料金:3,780円(若松葉ガニ付きBBQ/紅鮭粕汁/恵方巻き・ウェルカムドリンク付き)
開催日:2018年2月3日
開始時間:午前10時
HP:https://via.runtrip.jp/nakanoshima-gyokou

Runtrip via APP
iOS端末をご利用の方はこちらからダウンロード
Android端末をご利用の方はこちらからダウンロード

けいたろう

大阪在住フードアナリストけいたろう。 旅行ガイドメディアのトラベルjpなどで旅行ガイド記事を執筆。 取材の際には、せっかくだからランチは美味しい物を合言葉に、 大阪の色んなお店に出没。 美味しいお店を紹介したいと思うので、よろしくお願いします。 ほかには大阪を中心に面白いイベントなどがあれば、 駆けつけてレポートも書きたいと考えております。 また、たびねすの旅行記事もよろしくお願いします。

ウェブサイト: http://guide.travel.co.jp/navigtr/280/ http://www.jtrip.co.jp/magazine_kansai/writer/ketaro/

Twitter: @ktaro1977

Facebook: ktaro1977