朝食を摂る5つの重要な理由

  by あおぞら  Tags :  


朝食しっかり摂っていますか?朝食を摂らない人も多いそうなのですが、医学的に朝食を摂った方が断然体によく、子供から老人までしっかり朝食を摂って、日本が元気になればいい!

生活習慣は訓練でどうにかなるものなので、朝食をパスしていた人は徐々に徐々に慣れていってきちんと朝ごはんを食べられるようになるといいですね。

そこで、アメリカでは朝食を摂ることがいかにいいか….の記事を検索してみました。日米、朝食を摂ることはいいことですし、これは全世界において言えることです。アメリカ人の5人の子供をもつ母親でフリーランスの記者をしている方の記事を以下まとめてみました。

朝食を摂る5つの重要な理由

その1

新しい一日の始まりに朝食を摂ることはその日元気でいることのお助けになります。空腹のままでは昼食までに体が十分に機能しません。どれだけの人が健康的な昼食を摂っていますか?これは朝食をきちんと摂っていないと、昼食の栄養がいかんなく発揮されないのです。良いコンディションでいなくては、生産的な日を過ごすことができないのです。

その2

エネルギーレベルで考えます。朝食を摂らない人は摂っている人と比べて出遅れます。朝食は夕食の次の食事です。夕食を摂り終えて、人は8時間ほど睡眠をとります。その間に空腹になっています。朝、起きて朝食を摂らないとエネルギーが低下するのです。

その3

集中力を高める。朝食を摂らない人は、摂る人に比べて集中力が欠如します。集中力に加えて学習する力も低下気味です。朝食を摂らないことはミスを防ぐ能力が劣ると共に、仕事や勉強に焦点を当てにくくなるのです。

その4

気分的に落ち着かない。朝食を摂らない人はイライラする傾向にあります。必要な栄養を摂取していないので、体が『何かが欠けている…』と反応を示すのです。その点、朝食を摂る人は気分的にもすぐれ、イライラすることもなくなります。

その5

朝食は一日の始まりです。家族で食卓にでつき、語らい、朝食をいただく、小さいことですがクオリティーの密度の高い時間を共有します。これらのことは、朝食を摂ることだけでなく、それ以上に得ることも多いのです。

お年寄りは朝食を摂ることで物忘れやボケ防止になるそうです。ましてや若い頭脳なら朝食を摂ることでどれだけ効果があるか…です。そして、何より朝から良い気分で一日をスタートできるのがいいじゃないですか。

朝から元気に笑顔、挨拶!もう、これだけでかなりいい一日を保証してくれますよ。

だって満員電車から人が押し合いへし合いしながら下車して、取っ組み合いの喧嘩している姿を何度も見てきましたが、そういうのってきっと朝食を摂らなかった人たちだったような気がしますね。朝からそんな喧嘩はないですよぉ、周りの人たちにも迷惑をかけてしまう…….

明るく、ニコニコ、心に余裕をもって生きることは理想ですね。先ずは朝食を摂ることから始めてみましょうか!

画像:frickr from YAHOO!
http://www.flickr.com/photos/jenkardux/260243427/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro