困ったシリアの困ったファーストレディー

  by あおぞら  Tags :  

2011年3月に勃発したシリア騒乱以降、連日シリアの悲惨な様子をテレビは伝えこの内戦のような混乱は罪の無い子供達が結果的に殺されているのである。19日には国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は、最大300人の非武装の監視団をシリア国内約10カ所に当面3カ月間駐留させるということを発表した。これは既に現地入りしている隊に更に加算された人数で、世界平和とかけ離れている成り行きに国連職員の気持ちを思うとなんとも辛いものがある。

私はジムで運動をしている時に音声を消したテレビを見るのだが、天井から吊るされた数あるテレビのチャンネルはすべてCNNに統一されている。そこにシリアのニュースが流れ、ドイツの国連大使夫人がなにやらカメラに向かって話している姿が大写しにされていた。自宅に戻りCNNをつけてみると、その映像が流れニュースの内容がわかった。

このところ頻繁にテレビに登場するイメージビデオのようなものの正体がわかった。それはドイツと英国の国連大使夫人たちが作成しYoutubeにアップされたもので、争いがが収まらないシリアに対しシリアのアサド大統領でなく、ファーストレディーのアマス夫人に「あなたの夫を制してください」と訴えかける約4分のビデオなのである。CNNのサイトでこの動画が見られるのだが、ビデオを流しながらバックに説明の声が流れる。

4分間のYoutubeのビデオにはミックスされたイメージがあり、エレガントなシリアのアマス夫人ともう一方のシリア女性は子供たちを殺されたり負傷させられた母親達である。

画面にはドイツの国連大使夫人がビデオの後に登場し「私達は女性は平和に努める責任もあると思いますが、なにも平和だけでなく、戦争を起こさない責任もあると思います。私達はアマス夫人に今こそ平和についてオープンに語って欲しいですし、シグナルを提示して欲しいと願います。夫人がそれをなされば他の女性も追従されることでしょう」

ドイツの国連大使夫人発言の後に、CNNレポーターの低い女性の声でアマス夫人の映像を流しながら「アマス夫人はこのところ公の場に姿を見せておりません。VOGUEマガジンでかつて『砂漠の薔薇』と紹介されたアマス夫人はロンドンで生まれキングスカレッジでコンピューターサイエンスを学び、卒業後はJPモルガンにインベストメントバンカーとして働き出しました。それはアサド大統領と結婚する2000年迄で、結婚して数ヵ月後にアサド氏は大統領になりました」

CNNのこのニュース全般はかなりアマス夫人を辛らつに批判しており、それはCNNレポーターの声で「アマス夫人はここ2、3年インターネットで高価な宝石、絵、家具などを購入しているそうです。国連発表では最低でも9000人もの人々が路上で、また家で死んでいる…….」と。そしてYoutubeのシリアの混乱の動画に続いた。テレビでは本音は言えないけれどもしこの低い声の女性レポーターの気持ちを汲み取ると『おたくの国ではこんな悲惨な状況なのに、優雅に高級品を買い漁っているんですか』と言いたいのがわかる気がする。Youtubeの4分間の動画は国連とは全く関係なく、ただドイツと英国の国連大使夫人が作成したものなのであると注釈がつく。

今回シリアと言うアメリカからも遠く離れた国を調べていて、先ほどのCNNのレポーターがアマス夫人が結婚する2000年と強調しているような語尾が気になったが、アマス夫人の夫の現大統領の父親がクーデターで初代政権を握り、中東のお家芸で長男に継がす予定が、その長男が交通事故で急死し、大統領の父親が2000年に死去するとアマス夫人の夫が後継大統領に就任したと言う。

よく、アマス夫人を見てほしい。権力好きのブランド好きの底の浅い女性であることが写真から伺える。このようなファーストレディーと言うより女優のような写真が何枚もメディアに使われ更に反感を買っている。

人間と言うものがつくづく怖いものであることを、このエレガントなファーストレディーから感じられる。国民が殺し合いをしていても、ネットで高級品を買い漁る。イスラムの神はこのファーストレディーをどう思われるのだろう……

CNNで上記解説の動画が見られます
http://www.cnn.com/2012/04/18/world/meast/syria-un-wives/index.html?hpt=wo_mid

画像:frickr from YAHOO!
http://www.flickr.com/photos/byammar/2702617048/sizes/m/in/photostream/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro