アメリカではフィッシュバーガーやチキンバーガーって言っても通じないよ!

  by あおぞら  Tags :  

『キッズリターン』のDVDを見たときに、英語字幕もつけてみた(私はアメリカで生活している者である)。その中で日本語で「フィッシュバーガー」と言う会話が字幕でFish Burgerとなっていた時『誤訳だ!』と思った。

日本のハンバーガー屋ではフィッシュバーガーやチキンバーガーと言う呼び方は当たり前だが、これをアメリカでやってのけるときっとアメリカの店員はハッァ?ってな感じで対応すると思う。日本のような愛らしいお嬢さん方が優しく笑顔で対応するのとは大違いだから。

Burgerと呼ぶのは所謂ミンチ状態の牛肉であり、またその他のミンチ肉であるのだ。アメリカにおいては圧倒的に牛肉のひき肉が主流だからハンバーガーと言えば牛しか思い浮かばないだろう。

もしアメリカでチキンバーガーが買えるとしたら、それはつくね状態のパテで作られたものなら正々堂々とチキンバーガーと呼べる商品になるだろうが、残念ながらアメリカにはつくねのような鶏肉のミンチでパテを作ったハンバーガーはファーストフードのハンバーガー屋では先ずないと思う。

じゃ、日本で使っているフィッシュバーガーやチキンバーガーはなんと呼べばいいのか?

それはとっても簡単でサンドイッチと呼ばれているのである。マクドナルドでも、バーガーキングでも、ウェンディーズでもフィッシュサンドイッチやチキンサンドイッチとして売られているので、そのようにオーダーすればよいのである。

たかがファーストフードでも英語でオーダーするのは結構骨が折れるもの。ニューヨークのようなせわしない土地では間違った注文をすると、店員は大きな声でまくし立てることも少なくない。日本のハンバーガー屋のサービスとアメリカとでは雲泥の差で、特にニューヨークは人が並ぶことが多いから、店員も大げさでなく殺気立っているので、ぐずぐずしているとお客さまなんてことは考えずに怒鳴るくらいの勢いで聞き返す人がいるのも事実。

日本とアメリカとでは同じハンバーガーチェーン店で同じようなメニューであっても呼び方が違うので、Burgerと呼ばれるものはひき肉でできたパテをバンズで挟んだもので、フィッシュやチキンのフライを挟んだものはそれらがひき肉でできたものでなければサンドイッチになるのだよ。

画像: from flickr YAHOO!
http://www.flickr.com/search/?q=fish+sandwich

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro