乗り換え×ラーメン:東京メトロの改札外乗り換えの制限時間30分以内で名店のラーメンは食べられるか?(飯田橋編)

  by 井手隊長  Tags :  

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。今回は「電車の乗り換え」と「ラーメン」がテーマ。同じ会社の電車であれば(JR→JR、東京メトロ→東京メトロなど)、基本的には改札を出ることなく乗り換えるのが通常だ。

しかし稀に駅の構造上の問題で、同じ会社の電車であっても改札外に出ないと乗り換えられない駅がある。東京メトロでは改札外乗り換えは「30分以内」と規定されている。

▲乗り換えは30分以内と規定されている

つまり、改札を出てから乗り換えの改札に入るまでが30分以内であれば追加運賃は取られないという規定だ。
https://www.tokyometro.jp/ticket/guide/transfertime/index.html

ラーメンは短い時間でサクッと食べられてしかも美味しいのが魅力! 

もしかしたら乗り換えの「30分以内」で美味しいラーメンが食べられるんじゃないか?

そんな仮説に辿り着いた。

早速筆者は飯田橋駅で実験を敢行。東西線を降りて、改札を出、30分以内にラーメンを食べて南北線の改札に入るという作戦だ。さてうまくいくだろうか。意外とこの実験、かなりドキドキである。

13:15 飯田橋駅東西線改札

13:15に東西線の改札を出、ラーメン店に向かう。

狙うは名店中華そば“高はし”。どこに行くか迷ったが、駅の出口からもすぐの立地なのでここにした。行く店を先に決めておけばよかった。若干のタイムロス。

13:25 “高はし”

▲中華そば 高はし

お店に13:25着。外で2人待ち、制限時間あと20分とピンチ!

しかし行列中におかみさんが注文をすぐ取りに来るシステムなので逃げられず。看板メニューの“雲呑麺”を注文。

大鍋で麺を茹でて平ざるであげるノスタルジックスタイルが嬉しい。並々と注がれたスープの出汁感が強く、醤油か塩かわからないような味のスープが特徴。

ラーメンが出てきたのは13:33。あと12分!

▲雲呑麺

雲呑はギュッと詰まってゴロゴロと。動物系の出汁感の強いスープがどこまでも淡いので、チャーシューの脂の旨味、濃い味のメンマ、ノリの磯の香りまでもが引き立つ。美味しい!

13:42 飯田橋駅南北線改札

ちょっと急いで食べて駅に急行。13:42に改札を入り、何とかセーフ! アツアツのスープで口の中を火傷。

とりあえず第一弾は何とか成功。また気が向いたら第二弾を敢行します。

井手隊長

ラーメンライター/ミュージシャン 全国47都道府県のラーメンを食べ歩くラーメンライター。東洋経済オンライン、Rettyグルメニュース、るるぶNEWSへの連載のほか、番組・雑誌の出演・監修、コンテスト審査員、イベントMCなどで活躍中。自身のインターネット番組、ブログ、Twitter、Facebookなどでも定期的にラーメン情報を発信。 その他、ミュージシャンとして、サザンオールスターズのトリビュートバンド「井手隊長バンド」や、昭和歌謡・オールディーズユニット「フカイデカフェ」でも活動。

ウェブサイト: http://blog.livedoor.jp/idetaicho/

Twitter: idetaicho

Facebook: takuto.ide