ラーメンスープの進化がヤヴァイらしい

  by YELLOW  Tags :  

あえてニッチな隙間的カルチャーを全面に押し出して行く方向でお願いしたい今日この頃、今回は「ラーメンスープ」にスポットを当ててみましょう。
まず、ラーメンと言えば家で作るなら即席ラーメン、もしくはカップラーメン程度で妥協してしまいがちな昨今ですが、実はスーパーなどに売っている「生麺タイプ」のラーメンもかなり美味しくなってきているのです。ちょっと麺が別茹でで面倒くさそうなイメージだし、実際に別茹でな分だけ確実に面倒ですが「味」に関して言えば最近のは非常にレベルが高いので許せる気がします。で、どのくらい美味しいのかと言うと

「知らないラーメン屋さんで出されても見分けられない気がする」

くらいの勢いです。黙って出したら「本気で作ったスープ&麺とさして違わないんじゃなかろうか?」って感じです。とりあえず某チェーン系列の安いラーメンよか美味しいと思います(あくまで個人の感想です)

と、言う訳で「家で美味しいラーメンが食べたい!」みたいな欲求から、自分で超本格的に豚骨買ったり背脂買ったり醤油を探したりと色々なラーメンスープを研究した筆者ですが、その膨大な手間と材料費、ちょいちょい気になるガス代の割には

「同じ味を何食も食べ続ける罠」

みたいな罠があるし、そもそもラーメンスープ自体がさして日持ちしないので、それこそ一人暮らしの場合は「毎食ラーメン」とかになってしまいます。よしんば頑張って冷凍したとしてもスープはそりなり嵩張るので冷凍庫がスープで一杯になっちゃうので事実上「無理ゲー」と言っても過言ではないでしょう。
ちなみに鶏ガラスープよりも味の変化が分かりにくい豚骨ベースのスープですら、翌日には使い切らないと味が大幅に落ちてしまうという厳しい世界なのです。

と、言う訳で「完全自作ラーメン派」から「市販の美味しい生麺タイプのラーメン派」になった筆者ですが、最近は種類が増えたと言っても同じスーパーで買える種類はたかが知れている訳でして。やはり何度か試しているとマンネリ気味になってしまうのは否めません。

そんな感じで何軒ものスーパーでラーメンを探すと言う、ちょっと面倒なライフスタイルを送る日々の筆者でしたが、ある日ちょいと思ったのです。

「あれ?なんかメーカーが出してる生ラーメンセットよりも、麺とスープ別々で買ったほうが安いんじゃね?」

みたいな悟りを開いたのです。それからは色々なスーパーや業務スーパーに行っては「麺」と「ラーメンスープ」を試す日々になりました。ちなみにメーカーが出している奴は2人前で150円前後、ちょっと美味しい奴だと300円超とかでして、それを個別に買う事で「麺4人前180円、スープ1人前60円×4」にすると一食当たり・・・まあ、それなり安くなるのです。

こう書くと貧乏くさい感がしないでも無いのですが、筆者の場合は「ショボいチャーシューに我慢ならん!」と言う想いが強いあまりに、最終的に家でチャーシューとかワンタン作ってラーメンにしたら満足出来るんじゃなかろうか?みたいなスタート地点だったりします。

まあ、なんだかんだ言っても最終的には「お気に入りのラーメン屋に行って喰って来い!」って話で終了なんですけど、とりあえず自分で作ったら安いじゃん?で、安いんだからチャーシューとか沢山入れたら幸せじゃないかって話ですよ、お客さん。っていうか、チャーシュー麺1000円とか普通だけど普通に高いじゃんって思う俺が居た。

と、言う訳でラーメンがどんだけ好きなのかと言われたら「チャーシュー麺に1000円は出したくないけれども、週に2回はラーメン食べたい」みたいな微妙なスタンスな訳ですが、流石にラーメンスープのバリエーションにマンネリ感が出てきたのも否めません。

と、言う訳で再び一周回って「ラーメンの自作」を始める為に製麺機とか探したり、市場に行って「カンスイ」(ラーメンの製麺で使う液体)を探したりしていたら、市場にある「製麺屋さん」の販売店舗的な何かで見てしまったのがコレ。

もう、なんでしょうね。こんなに沢山のラーメンスープを欲するユーザーがどんだけ居るのかと激しく問いたい衝動に駆られましたが、逆にこれほど「俺得」な出来事も滅多にないんじゃなかろうか?
ちなみに写真の「大量のラーメンスープ」と「ワンタンの皮(30枚入り)」と「ラーメン5食入り(2種類)」を買って2000円チョイでした。

そもそも、このラーメンスープって誰が消費してるんでしょうね?筆者のようなマニアだけに売ってる訳じゃないでしょうから、それなりの固定客が居るのでしょうが・・・いくら考えても思い浮かびません。普通はスーパーに売ってるラーメンスープくらいのラインナップで満足でしょうが。

と、言う話は置いておくとして、何はともあれ買わなければならない衝動に駆られ、それとなく適当に買ってしまいました(反省はしていない)
でも、まあ濃縮されてるので収納もコンパクトだし常温で3ヶ月とか半年持っちゃうし、一個当たり40円~70円なので大人買いしてもいいじゃない。ちなみに市場には「つけ麺」とかのスープも何種類もあったし、とりあえず美味しそうなのだけチョイスしたので実際にはこの2倍、他の市場も探せば数倍の「ラーメンスープ」が日本には売られていると予想されます。

しかも、割と「業務用ラーメンスープ」みたいのは業務スーパーなどでも売っていますが、何気に「缶詰」とか「大型ペットボトル」とかだったりするので、一食分のスープが単品で売られているのは珍しいです。逆に、もしも小袋に入っていても「24個入り」みたいなケース単位だったら、さすがの筆者も買わない可能性は高かったと思われます。

ヤヴァイでしょ。
コレは来てるっしょ。

こんだけの下地があれば「ラーメンスープ」の時代が来ると思うんですよ。たとえば「御当地ラーメン」みたいな糞高い値段のセットを高速道路のサービスエリアで買わされるよりも、色々な地域の市場に行って「ラーメンスープを買って帰る」みたいなほうが絶対に面白いと思うんですよ。

まあ、確実にそんな時代は来ないと思うんですけどねw
でも地方の市場とか旅行で立ち寄る人はソコソコ多いと思うんで、もしも覚えていたら「ラーメンスープ」の存在を忘れないで下さい。地味にナイスな御土産になる事は間違いなしです。
ま、言うてもラーメンスープの業者は全国区で売っていると思うので、そんなにレアな「ラーメンスープ」に出会う事は稀でしょうし、そのラーメンスープがレアなのかどうなのかの区別は我々のような素人には無理でしょう。

ちなみにラーメンスープの場合は基本的に「豚骨、豚骨醤油、鶏ガラ、魚介系」みたいなベースがあって、あとは「塩、醤油、味噌」みたいな感じです。ちなみに豚骨と豚骨醤油はベースは同じと言いたいところですが、明らかに着地地点が違うので別ジャンルと承知して下さい。
そして基本は上記のベースをどうこうして醤油ラーメンやら味噌ラーメンになる訳です。が、何気に豚骨と鶏ガラを合わせたり、豚骨と魚介系を合わせたり、さらに鶏ガラでも金色に澄んだスープと白濁するまで煮込んだ奴があったりと、実に多くのバリエーションがあるのです。

と、言う訳で個人が自作するには限界があると言うか、作る時は最低でも何人前も仕込まないと作りにくいし、色々な種類を作り上げるのは至難の業と言うか神の領域。プロでも全種類をソツなく作れる人は少ないと思われまし、そこまで極めたらラーメン屋やったらいいでしょうがって話です。

そんな感じなので確かにインスタント感は否めませんが、手軽に色々な種類のラーメンを手軽に家で安く作れちゃうってスゲー事なんです。この凄さは若干、一般人にどんだけ伝わるかと言われたら言葉に詰まりますが、とにかく凄い。凄いと思っておいて下さい。
こんだけの味を安定して出すには「大量生産」しないと無理ですし、大量に作る事で単価も安くなるのです。しかもアルミの小袋に密閉しているので大量に作ってもロスが出ないと良い事尽くめな予感です。

あと細かい事と言うか知らないで良いであろう事まで書くと、恐らくスゲー原材料も使われているので安く作れるのかもしれません。例えば「豚エキス」とか書いてありますが、どんなエキスなのかと・・・ちょいちょい不安になります。でも、まあラーメン屋さんも豚の頭とか顎とかグツグツ煮る店もあるので「謎エキス」がスープの深みに多かれ少なかれ影響している事は間違いないと思われるので、とりあえず細かい事は気にしない方向で美味しく食べましょう。

あと市場で買って来いやって事になると、やはり「製麺屋さん」みたいな所で売っている事が多いと思うので、ついでに「麺」も色々と買ってみましょう。同じ製麺会社でもカンスイの配合やら加水率やら小麦粉の種類やら、麺の太さや圧の掛け方で色々な「麺」が売られているはずです。その中から自分の好みの「麺」を探すのも面白いものですね。あと「餃子の皮」とか「ワンタンの皮」とかも個性があるし、ラーメンに欠かせないって程じゃないけど、あってもいい「シナチク」と言うか「メンマ」的な何かも見ておきましょう。

あと市場だと「道具屋さん」みたいな店もあると思うので、そこで業務用のラーメン丼とかラーメンの湯を切る「ザル」っぽい何かも見て回ると面白いし、意外と安いので衝動的に買ってしまう可能性です。

と、いつの間にか「ラーメンスープ押し」から「市場押し」になってましたが、何はともあれコレで筆者の悩みは解決されました。若干、同じ悩みを抱える人がどんだけ世にいるのかと言う疑問は残りますが、どんだけ需要がない記事であっても本人が綴りたいと思ったら書くスタンスで。
逆に、さして書きたくない記事は需要があっても書かない方向で。

そういう訳で話は長くなりましたが、何はともあれ家でラーメンを作る時の為に、市場に行って「ラーメンスープ」を探して入手しておきましょう。

酒と料理に情熱と脂肪を燃やすフリーライター ”日の丸構図で寄りまくる!”と言う素人写真を武器に暗躍する。美味しい料理を世界にバラ撒く”飯テロリスト”として各国の情報機関にブックマークされたが反省はしていない。 取材依頼(新店舗、新メニューのPR)その他記事の執筆依頼は下記のメールアドレスまでお願いします! mc_yellow@nifty.com なんとなく作ったサイトも絶賛稼働中! http://foodnews.jp/

ウェブサイト: http://foodnews.jp/

Twitter: mossberg835