Googleで「ヤフー」を検索してYahoo!検索する事が「ゆとり行動」という記事に!

  by ニョッキー  Tags :  

SEO関連の記事を見ていたらこのような記事を見つけました。

【衝撃】ゆとり世代がヤバイ! 意味不明な行動 / Googleで「ヤフー」を検索してYahoo! JAPANを開いて検索[ガジェット通信]
http://getnews.jp/archives/1546060

上記の記事の元となったのがこちらです。

【激怒】ゆとり世代の信じられない行動15選!「私ゆとり世代ですから」と開き直る[トリビアニュース]
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/5216443

この記事によると、「ゆとり世代の信じられない行動」というテーマで、その中に「ネットを使いこなせていない」例として

『Googleで「ヤフー」と検索してYahoo!を表示して、Yahoo!で検索をする』

という例を挙げています。
これについて「Yahoo!も検索エンジンなのにわざわざ面倒な行動をしている、信じられない!」
という感じで語っています。

ですが、私はこの行動を取ったことがあります。
元々10年以上前、まだGoogleがさほど有名でなく、日本ではYahoo!が中心だった頃から検索はGoogleで行うと決めていました。
なぜなら当時のYahoo!はディレクトリ検索が主流で、私は偏った検索順位と考えていたからです。
それが嫌でしたのでロボット検索のGoogleのほうを必ず使おうと考えていました。
その為検索はGoogleで行うのでYahoo!をブックマークしていない時がありました。
そのような時にGoogleとYahoo!の検索結果の違いと見たい時などに、
GoogleでYahoo!を検索して使ったことがあります。

補足ですが、現在のYahoo!検索は基本的にはGoogleと同じ検索技術を使用しています。

Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために[Google Japan Blog]
https://japan.googleblog.com/2010/07/yahoo-japan.html

ただ、「検索結果が完全に同じ」かといえば、微妙に違います。
Yahoo!検索には「Yahoo!知恵袋」を表示する枠があったり、「Naverまとめ」を優先的に表示させるなど、細かい点で違いがあります。

Yahoo!で検索する習慣が無い場合はYahoo!をブックマークしていないことがありますし、その状況でYahoo!を利用する用事があれば当然「GoogleでYahoo!を検索」します。
この行動は特に驚く行動ではないと思います。

【資料】
SEO・LPOコンサルタント.com
初心者向けSEO対策[メニュー]~初心者でもわかるSEOの初歩~

【データ】
世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本
●著者:白石 竜次
●出版社: 技術評論社

SEOコンサルタント/お笑い芸人/調理師 著書:「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本」(技術評論社)、「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化」(秀和システム)など。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/arzentin/

Twitter: snyokky

Facebook: 100000461799159