オバマ大統領の広島訪問がもたらすもの

  by takagishigemi  Tags :  


Mr.President Obama visited Hiroshima yesterday. It is true that some say he just wants to leave legacy or he should apologize, but I don’t think so. Statistics show that majority of us, Japanese people have the same feeling.
昨日、オバマ大統領閣下が広島を訪問されました。ただ、大統領としての遺産を残したいだけだとか、謝罪すべきだと言う人もみえますが、統計を見ても、日本人の大多数はそのように感じておりません。

Because he was the first president who visited Hiroshima, which some American people oppose to. We know that. When I visited the USS Arizona Memorial, I could not feel easy.
  やはり、国内に反対派をかかえている状態で広島を訪問するにはリスクが伴うわけです。私は真珠湾のアリゾナ記念館を訪問する時、やはり少々居心地が悪かった。

In 1982, I was at Logan junior high school, in Utah as an exchange teacher. In social studies class, a boy asked me a question. “Mr.Takagi, were they mad at it when atomic bombs were dropped?”
  1982年に、私はアメリカのユタ州、ローガンにある中学校で教師をしていました。「社会」の時間にある少年が、「原爆が落とされたとき、広島の人は怒った?」との質問を受けました。準備不足のため慌てました。

I was upset because it was completely beyond expectations and I was not ready to answer such a question. However it let me think about the question.
  しかし、その質問を受けて、日本人にとって原爆をど受けとめたらよいのか考えるようになりました。

Two of my uncles were killed in Leyte island. Am I angry about it? My answer is no. That is not just because I was born after the war or my uncles might have killed Americans. But my feeling was just like the boy’s one in Logan.
  私の二人のオジサンがレイテ島で戦死しています。私は、それに怒っているのか?答えは否定的。それは、なにも自分が戦後生まれだとか、オジサンもアメリカ人を殺したかもしれないからではない。質問をした少年と共通する感覚だろう。

I mean we were born after the war, in different countries. American textbooks tell them it was a right decision to drop the bomb over Hiroshima. Still that boy felt for people who lived there.
  異なる国に生まれ、教科書では原爆投下が正しい選択だと教えられているアメリカとそうでない日本で育ったという違いはある。それでも、その少年は疑念を抱き、私に質問してきた。

Some people say this is hypocrisy because the U.S. has the most nuclear weapons and Japan is under the nuclear umbrella. That is true. They say, “Look at the neighbors. They have dictators and many atomic bombs.”
  ただの、偽善という人もいる。アメリカは世界一の核兵器の保有国であり、日本はその傘の下で守られている。彼らは言う。「見ろよ!近隣諸国は独裁国家で、核兵器をこちらに向けているぜ!」

I have a friend in Hiroshima. His father was killed by the atomic bomb and he said “Pa, this is enough, isn’t it?” when the president visited Hiroshima.”
  それは、そうだが、アメリカと日本のように条約を結び友好国としてつきあえる人は来ないのだろうか。

 英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級などを持つ英語講師。京都大学を7回受け、英語8割、数学7割。名古屋の河合塾学園、名古屋外国語専門学校などを歴任。アメブロ「受験生」ランキング1位。youtube 動画38万回再生。「英語の資格を取ろう」(法学書院)で紹介されました。アメリカの中学校で英語指導経験あり。少林寺拳法二段、ジャッキー・チェンと一緒にテレビ番組に出たことあり。

ウェブサイト: http://takagi-kyoiku.life.coocan.jp/index.html

Facebook: 100002507170434