男性から女性に愛の告白! “逆バレンタイン”のススメ


 毎年2月14日のバレンタインデーは女性から男性にチョコを贈り、愛の告白をする日ですが、最近では男性から意中の女性に逆チョコを贈り愛の告白をする“逆バレンタイン”も増えているそうです。

“逆バレンタイン”を仕掛ける男性の思いとは・・・


 “逆バレンタイン”を仕掛ける男性に共通する心情の一つにサプライズをしたいという思いがあるようです。つまり、意中の女性に自分を印象付けるために、世間の流れにあえて逆行して男性の側から逆チョコを贈って告白の成功率を上げたい、というものです。確かに、“逆バレンタイン”でサプライズ告白をされて喜ぶ女性もいるようですが、アピールの手段として“逆バレンタイン”をすることで不快に思う女性も少なからずいるので、意中の女性がサプライズ好きなのかを事前にリサーチしておく必要がありそうです。

“逆バレンタイン”に対する女性の思いは・・・

 一方、“逆バレンタイン”をされる女性側の思いはどのようなものなのでしょうか?
 「女性は甘いモノ好きだがら大歓迎!」
 「好きな人からじゃなくても嬉しい!」
と好意的な意見が多数を占める一方で、
 「男がチョコを贈るなんて女々しい・・・」
 「そもそもサプライズが好きじゃない!」
という意見もあり、やはり“逆バレンタイン”を仕掛ける際には細心の注意が必要です。

逆チョコ以外にも


 先述のように、アピールの一環としての逆チョコなどを嫌う女性も少なからず存在します。意中の相手がサプライズ好きかどうかが分からない場合、話題のスイーツや限定アイテムなどの入手しにくいアイテムを贈ることで、「私のために手に入れてくれたのね!」と女性が喜び、告白の成功率がアップするようです。
 また、バレンタインデー当日にデートをセッティングしたり手間のかかるサプライズを用意するなど、相手を想った工夫をすると女性に喜ばれるようです。

 いずれにしてもバレンタインデーは愛の告白をするチャンスなので、積極的に意中の女性にアピールを仕掛けてみてはいかがでしょうか。

 ※文中の画像は全て『写真素材 足成』(http://www.ashinari.com/)より。

美味しい食べ物と散歩が大好きな大学生。生活に関する雑学や街に関するコトを書いていきます。

Twitter: @kojiwriter